過去の記事一覧

  • スポーツ吹矢国際テレ大会で堂代さんが優勝

    写真=的を狙う堂代さん  第1回スポーツウエルネス吹矢国際オープンテレ大会がこのほどあり、7㍍の部で紀の国ごぼう宮子姫支部の堂代和孝さん(66)=御坊市島=が見事優勝した。  国内39都道府県、海外はアメリカ…
  • 全国で金メダルを!

    写真=和高専柔道部の皆さん  第58回近畿地区高専体育大会柔道競技が11日、京都府の舞鶴高専体育館で開かれ、和歌山高専柔道部が団体で優勝。個人でも8選手が2位までに入り、9月4、5日に秋田県立武道館で開かれる第56…
  • 痛くても楽しく暮らそう

     最近肩が痛い。どうやら四十肩(筆者は40代なので)らしい。「腕が上がらなくなる」と聞いていたが、今のところ垂直に上げられる。でも、腕をひねったり、背中に手を回したりすると左肩に激痛が走る。痛くなって初めて、肩を動かす動…
  • 国体成年女子バレー 悲願の本選へ燃える和歌山チーム

    写真=本選出場へ燃える酒本選手㊧と芝田監督  9月25日開幕の「三重とこわか国体」出場を目指す成年女子バレーボールの和歌山チームは、今年もVプレミアリーグの名門東レ・アローズ元主将で御坊市役所職員の芝田安希さんが監…
  • 松洋中の北田さんが中体連柔道で全国へ

     2021年度県中学校総合体育大会柔道競技が25、26の両日、県立橋本体育館で行われ、女子57㌔級の北田理侑選手(松洋中3年)が見事優勝を果たし、全国大会出場を決めた。  地区大会を勝ち抜いた男女それぞれ団体と個人…
  • 桂枝曾丸さんが6枚目の和歌山弁落語集リリース

    写真=全編和歌山弁の新作落語CDをリリースした枝曾丸さん  和歌山弁落語で「和歌山のおばちゃん」として親しまれる和歌山市出身の落語家桂枝曾丸さんが、新作CD「和歌山弁落語集 6」を制作。8月3日から販売を開始する。…
  • 智弁和歌山 塩路投手も優勝に貢献

    写真=金メダルを手に笑顔の塩路選手  第103回全国高校野球選手権和歌山大会は27日、紀三井寺公園野球場で決勝が行われ、智弁和歌山が市和歌山を4―1で破り、2年ぶり25回目の優勝を飾った。智弁には塩路柊季投手(2年…
  • 由良の海防艦の戦闘から76年

    写真=花束を供えて冥福を祈る佐藤隊長  太平洋戦争末期の1945年7月28日、由良町糸谷の由良湾で大日本帝国海軍の第30号海防艦が米軍艦載機(グラマン)との激戦の末に沈没し、乗組員約100人が戦死した。あの日から7…
  • 今年は遅れて見頃に

    写真=見頃を迎えた御坊生まれの舞妃蓮  御坊市塩屋町北塩屋の中山の蓮池で、御坊生まれのハス「舞妃蓮」が見頃を迎え、27日には34輪が開花した。  和歌山大賀ハス保存会の阪本尚生会長によると、ここ数日がピークに…
  • 乗り鉄、音鉄となって

     普段、移動はもっぱらマイカーで、電車やバスに乗ることはほとんどない。そんな人が多い田舎の小さな新聞でも、鉄道に関するニュースはちょいちょいある。つい先日も、JRの人気長距離観光列車「銀河」の記事を掲載した。  鉄…

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る