過去の記事一覧

  • てんぷら酒場 SHIN リーズナブルな天ぷら酒場

     今月8日にオープンした、てんぷら酒場 SHINをご紹介。  同店イチオシの天ぷらは、一品から注文が可能です。れんこんやさつまいも、たまねぎなどの定番メニュー以外に、コーンかき揚げやさきいか天ぷらなどの珍しいメ…
  • ゲストハウス・コーストカフェ楽/Coast Cafe楽 柿渋染と藍染体験&ランチを半額

     Coast Cafe楽は31日(土)、「Go Toトラベル&地域共通クーポン」を利用したランチ付き柿渋染めと藍染め体験を実施します。  みなべ町で「ゆっこ工房」をしている小松さんと石大さんを講師に招き、スカー…
  • マーキュリー由良店 お年寄り向けのお弁当配達します

     「毎日の食事の用意が大変になってきた」「買いに行くのが大変で、家まで持ってきてくれたらなあ…」「親が高齢で、食事が心配…」という人必見 マーキュリー由良店ではただいま、お年寄り向けのお弁当の配達を受け付けています。配…
  • ふとんのダイワセンイ 特典いっぱいの大創業祭

     ふとんのダイワセンイは28日(水)まで、大創業祭を開催中です。47年間の感謝の気持ちを込めて、快眠アイテムやあったか寝具を大放出 超お買い得品をご紹介。  ①社長・店長の大盤振る舞い ウクライナ産シルバー…
  • ohana(オハナ) 山歩き・ノルディックウォーキング・サイクリングなどイベント盛りだくさんのスポーツ店

     開業から約32年のアウトドアスポーツ店「オハナ」をご紹介。  1階では、登山やサイクリング、ハイキングなどに活躍するアウトドアアイテムを多数取りそろえています。2階は、自転車ショールームとなっており、ロードレ…
  • 御坊の文蔵さんがTOEIC990点満点獲得

     御坊市藤田町吉田のビジネス翻訳者、文蔵(ふみくら)小夜さん(54)が、国際コミュニケーション英語能力テスト「TOEIC」(トーイック)で、「990点満点」を獲得した。英検1級、国家試験の通訳案内士合格と合わせて“英語三…
  • 御坊署で鑑識競技会

     犯罪現場での鑑識技術の高度化を図り、事件に強い警察をつくろうと、御坊署は21日、鑑識競技会を開き、署員が証拠採取の精度を競った。  生活安全刑事課と地域課の署員8人が、2人1組の4チームに分かれて参加。ある男性が…
  • 日高町の杉村さん宅にアサギマダラ飛来

     日高町小中、杉村邦雄さん(83)宅に、渡りチョウのアサギマダラが19日から飛来している。  アサギマダラはフジバカマ(キク科)の花の蜜を好み、杉村さんは5年前、友人から譲り受けたフジバカマの株を自宅の庭に植えたと…
  • 味も高級感もアップしました

     クエ料理のまち日高町をPRしようと、30年前から販売されている日本酒「九絵」の小売店が変わり、同町志賀(中志賀)のまるた酒店(杉浦研太さん経営)で販売されている。以前の販売店、志賀(柏)の「ふるさとペンション湯川」の休…
  • 果物研究家 驚異の食生活

     実りの秋、果物のおいしい季節である。フルーツ王国と呼ばれる和歌山ではみかん、梅、柿、梨、桃と特産に果物は数多い。3年ほど前の本欄にも書いたが、この和歌山県出身で「ほぼ100%果物のみ」という驚異的な食生活を長年続けてい…

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る