過去の記事一覧

  • 御坊市の庁舎建て替え 9月5日に起工式

    写真説明=出来上がった新庁舎北側外観イメージ  庁舎の建て替え計画を進めている御坊市は、23日の議会新庁舎建設特別委員会(西本和明委員長)で、実施設計の進捗(しんちょく)について説明。9月5日に起工式を行うスケジュ…
  • きのくに信金 超小型EVを導入

    写真=御坊営業部前でコムスに乗る職員と平川部長  きのくに信用金庫(田谷節朗理事長)は、地域社会の環境保全に貢献しようと、超小型電気自動車(EV)「コムス」を17台導入した。持続可能な開発目標「SDGs」の活動の一…
  • 気軽にご利用、ご来場ください

    写真=気軽な利用、フェアへの参加を呼びかけるハートワークのスタッフ  和歌山市手平2丁目の和歌山ビッグ愛にある県社会福祉協議会と田辺市高雄1丁目の市民総合センター内にある同市社会福祉協議会は、福祉の仕事を目指す人の…
  • 人口減少は自然の摂理!?

     県は2020年の国勢調査結果(速報値)を発表した。県全体の人口は92万3033人で、95年に実施した前回調査の96万3579人より4万0546人(4・21%)が減少。ピークだった85年の108万7206人と比較すると、…
  • 見た目も美しいでしょ?

     イラストレーターやシーグラスを使ったハンドメイドアクセサリー制作など、アーティストが活動する美浜町三尾で、祭りや能、神楽などで使われる「篠笛(横笛)」に、花や着物美人などを彫って色付けした工芸品としても見ごたえのある作…
  • リフレッシュプラン 第2弾の販売スタート

     新型コロナウイルスで落ち込んだ県内の観光需要を呼び戻そうと、県民が県内で宿泊する場合などに最大50%が補助される県の「わかやまリフレッシュプラン2nd」の販売が22日からスタートした。今年4月からコロナ感染拡大で開始を…
  • 日高川漁協がアマゴの稚魚放流

     日高川漁協は22日、日高川町上初湯川と初湯川地内の日高川支流約20カ所でアマゴ約4万匹を放流した。  放流は今月1日から24日にかけての6日間行い、龍神村の大熊、小森、日高川町の大滝川など全体で約30万匹を放…
  • 全日本バレー小学生県大会  男女とも南部が優勝

     第41回全日本バレーボール小学生大会県決勝大会が19、20の2日間、県立橋本体育館で開催され、男子、女子の部とも南部が優勝を飾った。本来なら県制覇チームが8月の全国大会に出場するが、今年はコロナ禍のため中止。幻の全国と…
  • みなべの有本農園が「翠香」の梅シロップ開発

     洋ナシのようなフルーティーな甘い香りが特長の梅の品種「翠香(すいこう)」を使った加工品を、みなべ町東岩代の有本農園(有本陽平代表)が初めて開発した。商品化したのは梅シロップ「翠香」で、今月10日からインターネット等での…
  • 印南町議選 2人目の新人が名乗り

     8月3日告示、8日投開票の印南町議会議員選挙(定数12)で21日、新人の谷章資氏(68)=印南原=が出馬を表明した。  町議選に向けては去る17日、現職の夏見公久氏(71)の後継として新人の黒井美晴(みはる)氏(…

フォトニュース

  1. 気軽にご利用、ご来場ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る