過去の記事一覧

  • より多くの人がより安全な方へ

     石油の可採年数 (寿命)はどれぐらいか。さまざまな機関が発表しており、それぞれに計算式の前提も異なるため明確な答えはないが、単純には「いまある採掘可能な原油量」を「その年の原油生産量」で割った数字。どちらも変動するうえ…
  • メガソーラー誘致にスピード

     市議会自然エネルギー等調査特別委員会は、ソフトバンクの孫正義社長が全国10カ所程度で計画している「メガソーラー」を市内に誘致していくことを申し合わせた。メガソーラーといえば大規模な太陽光発電所のことで、東京ドームがすっ…
  • ことしこそ甲子園!

     だんじり祭で有名な岸和田の人なら「祭りを中心に1年を過ごす」という人も多い。普通の人ならやはり正月から大晦日までがサイクルになるだろうが、高校野球の取材を担当していると仕事上では7、8月が年度末、一年の切り替わりの時期…
  • 大雨時の運転に要注意

     2年ほど前、大雨が降っている日に車を運転し、右曲がりのカーブに差し掛かったとき、道路に大きな水たまりができていた。少し急いでいたこともあって、ほとんど減速することなく水たまりの上を走り抜けようとしたとき、ハンドルが勝手…
  • アユどころへ特産化に期待

     有数のアユ、アマゴの産地で知られる日高川。シーズン中は全国各地からの多くの太公望でにぎわう。それなのに筆者はかねて不思議に思うことがある。河川は「友釣りと言えば日高川」というほど釣りでは有名で、流域では民宿や旅館などで…
  • アユどころへ特産化に期待

     有数のアユ、アマゴの産地で知られる日高川。シーズン中は全国各地からの多くの太公望でにぎわう。それなのに筆者はかねて不思議に思うことがある。河川は「友釣りと言えば日高川」というほど釣りでは有名で、流域では民宿や旅館などで…
  • 南高生のアイデアに期待

     みなべ町の梅産業関係機関で構成する南部郷梅対策協議会と南部高校が連携し、本年度から新しい梅製品の開発を進める。高校生の若い発想を新しい梅の加工方法に生かし、若年層をターゲットとした販売戦略が狙いだ。過去を振り返ってみる…
  • 「あって当たり前」は危険

     福島第一原発事故以降、自然エネルギーを活用した発電方法が盛んに議論されている。ヨーロッパの大規模太陽光パネルや洋上風力、ニュージーランドの地熱など、世界の先進地がテレビで連日のように放送されており、いろいろ勉強になる。…
  • 右手の親指の存在感

     右手の親指を痛めてしまった。鍵をかける拍子に、かたくてなかなか動かないのを無理に回そうと、変な部分に力を入れてしまったらしい◆親指の付け根の関節に違和感がある。気をつけないと、何かの勢いでばね仕掛けのように「パン」とは…
  • 町民と行政のパイプ役とは

     先日、由良町の門前地区を対象にした町政懇談会が開かれ、取材した。「お足元の悪いなか」門前コミュニティセンターに区民が集まり、畑中雅央町長らと意見を交換。途中トイレに立ったが、始めから終わりまで熱い「質問戦」が繰り広げら…

フォトニュース

  1. みんなで歩くと楽しいね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る