過去の記事一覧

  • 日本シリーズで野球人気復活を

     野球は好きな方だ。しかし、ことしほどプロ野球のテレビ観戦が少なかった年はない。応援する阪神が序盤から低迷したこともあるが、プロ野球自体に興味が少なくなった。子どものころは阪神の試合中継があると必ずチャンネルを合わせ、放…
  • 25年度県立高校募集定員 日高地方は変動なし

     県教育委員会は25日、 平成25年度の県立高校学校・学科別募集定員を発表した。 県内の来年3月卒業予定の中学3年生は今春と比べて約320人少なくなる見通しで、 来年度の全日制の募集定員は本年度より県全体で6学級、 24…
  • 搬送に重点置いた訓練を

     阪神大震災で犠牲になった6434人のうち、災害急性期といわれる48時間以内に適切な救急搬送・医療を受けることができていれば、約500人が助かった可能性があったといわれている。どの患者をどの病院に搬送するのか、1分1秒を…
  • 県が25年度新政策を発表

     県は24日、 平成25年度の新政策と予算編成方針を発表した。 新政策は 「安全」 「安心」 「挑戦」 の3つをキーワードとし、 「安心」 の政策では新たな看護師養成所の設置支援、 脱法ハーブ販売規制条例制定等による薬物…
  • みなべの統合中 26年度開校へ

     少子化で生徒数が減少するみなべ町の高城中学校と清川中学校の統合を進める 「高城・清川中学校統合推進委員会」 が、 23日に発足。 同日に高城中学校で第1回会合が開かれ、 今後のスケジュールなどを協議した。 この日に総務…
  • トラック引きレースで九絵力が優勝

     和歌山市のマリーナシティ駐車場で20日、重さ12㌧以上もある大型トラックをけん引ロープで引っ張り、30㍍先のゴールまでのタイムを競い合う「第6回トラック引きレース」があり、日高町の「九絵力」(くえちから)チームが見事初…
  • 日高川のチョコのたにぐち 新工場建設へ

     日高川町和佐、 チョコレート製造メーカー㈱たにぐち=本社大阪市東住吉区、 谷口壽社長=の日高川工場新築工事の地鎮祭が23日、 現地で行われた。 同社は平成元年に県と旧川辺町が誘致した企業で、 新工場の建設によってオーナ…
  • 臓器移植推進月間 御坊保健所も啓発

     臓器移植普及推進月間 (10月) に合わせ、 御坊保健所が臓器提供意思表示カードを持つよう協力を呼びかけている。  臓器移植は、 病気や事故で臓器が機能しなくなった人に健康な臓器を移植する医療。 日本臓器移植ネットワー…
  • 落合恵子さんの講演より

     作家の落合恵子さんの市民教養講座を取材した。記事では書ききれなかったエピソードを紹介したい  ◆結婚する前に戦争で父の行方がわからなくなったため1人で落合さんを産み育てた母は、幼くして父親を亡くし13歳の時から働いて3…
  • 日高川町と立命館大 洪水メカニズム解明へ

     昨年9月の台風12号で流域被害を大きくした日高川の河川環境についての研究が21日、 スタートした。 日高川町と立命館大学 (京都市) による共同研究で、 来年3月まで初湯川の椿山ダム湖の土砂の堆積状況や水深の調査、 台…

フォトニュース

  1. 来年秋は紀の国わかやま文化祭

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る