カテゴリー:由良町

  • 和菓子の日 由良の錦花堂が小中学生に贈る

     16日は「和菓子の日」。由良町里の和菓子店「錦花堂」は同日、地元の小中学生(計314人)に和菓子を贈った。  由良小学校(大江基博校長)では贈呈式が行われ、同店主の花岡孝司さん(46)が児童会代表4人に、「天狗力…
  • 由良町神谷で大規模崩土

    写真=道路を寸断した崩土の現場  6日午前9時すぎ、由良町神谷の県道御坊由良線で大規模な崩土が発生し、全面通行止めとなった。今のところ、復旧のめどは立っていない。  現場は由良町漁協の事務所から東へ約200㍍…
  • 由良町で陸上教室スタート

     由良町教育委員会と体育協会陸上部会主催の陸上教室が5日から由良小学校で始まり、小学生28人が足腰を鍛えるトレーニングを行った。  今年で12年目。11月末まで毎週土曜に開講し、運動の基礎となる走ることを伸ばすメニ…
  • 由良のアカモク 学校給食に登場

     由良町で収穫される海藻アカモクのよさを子どもたちに知ってもらおうと3日、由良、日高、美浜の3町の小中学校給食に初めて登場した。食品として商品化している紀州日高漁業協同組合が15㌔を提供し、みそ汁の具材として使用された。…
  • JR由良駅のスタンプが鉄道マニアに人気

    写真=スタンプを押す鉄道マニア  由良町のJR紀伊由良駅が6月1日から無人化されることが決まり、駅に設置されている記念用スタンプを押す利用者が増えている。  インターネットを通じて無人化されることを知った鉄道…
  • コロナ禍のGW 日高地方の観光地にぎわう

    写真=慰霊碑の前で手を合わせる参列者  大阪など関西の3府県と東京に緊急事態宣言が出された中で迎えたゴールデンウイーク。県内でも不要不急の外出自粛が要請されているが、由良町の白崎海洋公園など日高地方の行楽地は家族連…
  • 由良の小学校統合推進委員会が初会合

     由良町内3小学校の円滑な統合を目指す小学校統合推進委員会の第1回会合が30日、中央公民館で開かれた。学校長、PTA代表、学校運営協議会長ら34人で組織し、町長から諮問された統合年度、統合校の場所などを検討し、今年度ので…
  • 特産ミカンで草木染

     由良町門前、ミカン農家の片山綾子さん(60)は、栽培している町特産のミカンを使った草木染を楽しんでいる。スカーフやポケットチーフなどを淡いクリーム色に仕上げており、知り合いらから「とてもきれい」と評判は上々。片山さんは…
  • 大阪出身の武田さんが由良町地域おこし協力隊に

    写真=「由良町のPRに貢献したい」と武田さん  行政や住民と協力しながら地域農業の活性化に取り組む由良町の地域おこし協力隊に、大阪市出身の武田青空(そら)さん(18)が15日、着任した。町の農業振興に対する地域おこ…
  • 由良の海つり公園 コロナ禍も来場者増加

    写真=釣り客でにぎわった秋の釣りシーズン(昨年10月)  2020年1月から12月までの1年間に由良町神谷の海つり公園を訪れた来場者数は8366人で、前年比で1126人(15・6%)増加した。新型コロナの影響で観光…

フォトニュース

  1. 気軽にご利用、ご来場ください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る