カテゴリー:スポーツ

  • 名古屋場所 木村山が勝ち越し

     大相撲名古屋場所13日目の20日、東十両3枚目の木村山(29)=春日野、東洋大=が、8勝目を挙げ、3場所連続の勝ち越しを決めた。  4連勝のあと9日目から黒星が続いていたが、12日目に連敗を3で止めると、13日目は千代…
  • 中学生野球 Ⅲアローズ4選手が沖縄遠征

     大阪府内にある中学生軟式野球のクラブチームを中心に組織されている「リーグ大阪」の第17回沖縄遠征に、地元の和歌山Ⅲ(スリー)アローズから4選手が参加する。23日に出発、27日までの5日間、現地で強豪チームと20試合程度…
  • 夏の高校野球和歌山大会 南部も3回戦へ

     第94回全国高校野球選手権和歌山大会6日目の18日は2回戦3試合が行われ、第2試合の南部は新翔に快勝。初戦突破を決めた。南部は11安打と打線が爆発し、先制、中押し、だめ押しと着実に加点。投げてはエース・畑木が7安打に抑…
  • 夏の高校野球和歌山大会 日高が3回戦へ

     第94回全国高校野球選手権和歌山大会は4日目の16日、2回戦3試合があり、第3試合は日高と和高専の地元対決。日高は2年生主砲の阪口が4打数4安打4打点と大暴れし、両軍合わせて24安打、13得点の乱打戦を辛くも制した。和…
  • 紀央館、日高中津は初戦突破ならず

     大会3日目の15日は1回戦1試合と2回戦3試合で熱戦。第2試合の2回戦に地元5校の先陣を切って登場した日高中津はシードの那賀に惜しくも敗れ、初戦突破はならなかった。5日目の17日は第1試合の2回戦で22年ぶりシードの紀…
  • 夏の高校野球和歌山大会  南部龍神初戦で涙

    初芝橋本 010000001-2 000000000-0 南部龍神  第94回全国高校野球選手権和歌山大会2日目の14日、 1回戦が行われ、 第1試合の南部龍神は初芝橋本に完封負けを喫した。  南部龍神は1回1死から柳瀬…
  • 夏の高校野球和歌山大会 13日開幕

     第94回全国高校野球選手権和歌山大会が、いよいよきょう13日から和歌山市の県営紀三井寺球場で開幕する。今大会は春季県予選の覇者で8連覇を狙う智弁和歌山の戦いぶりに注目が集まっているが、その他のチームも戦力が拮抗、優勝争…
  • 中学バレー 濱中君が選抜強化合宿メンバーに

     公益財団法人日本バレーボール協会(JVA)らが五輪をはじめ国際的に活躍する人材の発掘、育成を目的に行う中学生を対象にした「選抜強化合宿」の第1次合宿に、大成中3年の濵中晴貴君(15)=日高川町小熊=の参加が決まった。濵…
  • 少林寺拳法県民大会 南部勢が活躍

     少林寺拳法県民体育大会(開祖宗道臣生誕100周年記念大会)は、和歌山市のビッグウェーブで開かれ、少林寺拳法南部スポーツ少年団(三前信雅団長)の組演武4組と小学団体が最優秀賞。12月に横浜アリーナで開かれる全国大会の出場…
  • 世界少年野球大会 30日には御坊で教室

     今月22日から30日まで和歌山、奈良、三重県で開かれる財団法人世界少年野球推進財団(王貞治理事長)の第22回世界少年野球大会の一環で日高地方でのイベント誘致が決まり、10日の日高郡町村会定例会で報告された。29日には南…

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る