カテゴリー:スポーツ

  • 夏の高校野球和歌山大会 南部が6年ぶり4強進出

     第101回全国高校野球選手権和歌山大会は26日、準々決勝2試合が行われた。第2試合、シード校で今春の選抜ベスト8の強豪・市和歌山に挑んだ南部は、両校合わせて7投手がマウンドに上がる総力戦の熱闘を9回に勝ち越しの1点を奪…
  • 夏の高校野球和歌山大会 南部が準々決勝で市和歌山と対戦

     第101回全国高校野球選手権和歌山大会は12日目の24日、3回戦3試合が行われ、ベスト8が出そろった。第2試合の南部は2回に4安打、5回に7安打を集める怒とうの攻撃を見せ、11安打11得点で近大新宮に5回コールドの快勝…
  • 夏の高校野球和歌山大会 紀央館が2年ぶり初戦突破

     第101回全国高校野球選手権和歌山大会は8日目の20日、2回戦2試合があり、7回途中降雨ノーゲームによる中一日での再戦となった第1試合は紀央館が田辺を接戦の末に下して2年ぶりに初戦を突破した。紀央館は4安打のうち3安打…
  • FCブラストの山本君 JFAトレセン研修へ

     日本サッカー協会(JFA)が将来有望な選手を集めてトレーニングするU―12(小6以下)フューチャープログラムトレセン研修会のメンバーに、日高町を拠点に活動するFCブラストの山本優志選手(藤並小6年)が選ばれた。8月1日…
  • 小学生陸上 瀧本君が100㍍で全国大会へ

     一般財団法人和歌山陸上競技協会主催の県小学生陸上競技選手権大会兼〝日清食品カップ〟第35回全国小学生陸上競技交流大会県予選会は先月30日、紀三井寺公園陸上競技場で開かれ、男女各13、男女混合1の計27種目で熱戦が展開さ…
  • ボウリング 安里選手がマカオOP優勝

     ボウリングの国際オープン大会「マカオチャイナ・インターナショナルオープン」が中国マカオで開かれ、男子の部で日高東宝ボウル(御坊市薗)所属の安里秀策選手(27)=有田市=が優勝した。  アジアの国と地域からアマ…
  • わんぱく相撲 井ノ上君と川口君が全国大会へ

     第2回わんぱく相撲県大会が23日、和歌山市の県営相撲競技場で開かれ、小学6年生の部で井ノ上力也君(野口)が見事優勝し、5年生の部で川口虎眞(とおま)君(同)が準優勝と健闘した。優勝、準優勝者は8月4日に開催される全国大…
  • 元ブラジル代表のパウロさんが南陵高サッカー部を指導

     日高川町の和歌山南陵高校サッカー部に28日、元ブラジル代表のパウロ・セザールさん(41)=フランス・パリ在住=が指導に訪れた。パリを拠点に日本人選手らのマネジメント等を行っている直川公俊さん(35)=由良町出身=と親交…
  • ソフトテニスハイスクールカップで前本さん優勝

     ソフトテニスの第48回ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップが19日から23日まで札幌市で開かれ、女子ダブルスで和歌山信愛の前本真弥選手(2年)=清流中出身=のペアが優勝。高校ソフトテニスの最高峰大会で頂点に立ち、「…
  • 夏の高校野球和歌山大会 組み合わせ決まる

     7月12日に紀三井寺公園野球場で開幕する第101回全国高校野球選手権和歌山大会の抽選会が22日、和歌山ビッグ愛であり、参加39校の準々決勝までの組み合わせが決まった。シード権を獲得していない本紙エリアの7校はAゾーンに…

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る