カテゴリー:スポーツ

  • ゴールデンキッズに本紙エリアから2人

     県教育委員会が取り組んでいるゴールデンキッズ(GK)発掘プロジェクトで、第13期生追加10人と第14期生32人のメンバーが決まった。13期生追加は小学5年生、14期生は同4年生で、昨年度に選考会を開いて体力、運動能力の…
  • 和歌山南陵高 男子バスケ部が始動

     開校5年目になる日高川町和佐の和歌山南陵高校(村田雅彦校長)で今春から、新たに男子バスケットボール部が始動した。全国出場や県大会上位と活躍が目覚ましい同校運動系5つ目の部活動。小学生から社会人までの育成や指導に10年以…
  • シカティック追悼大会 入田選手ヘビー級参戦

     総合格闘技「チーム日高」(垣内義秀代表)所属で和歌山病院勤務のプロ格闘家、入田和樹選手(33)=日高川町入野=が、5月17日に開催される初代K―1王者ブランコ・シカティック追悼大会「チャクリキ6」のメインイベントに参戦…
  • 少年野球も練習再開

     県軟式野球連盟学童部日高支部は25日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う活動停止要請を条件付きで解除し、同日から約1カ月ぶりに全体練習を再開する加盟チームもみられた。  同連盟は、今月24日までの休校措置期間中…
  • 和歌山北の家吉君が箱根の強豪東洋大へ進学

     昨秋、陸上競技の5000㍍で和歌山県高校新記録を樹立した御坊市藤田町吉田の家吉新大君(18)=和歌山北高3年=は今春、東京の東洋大学に進学。東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)出場78回、優勝4回を誇り、多くの名ラン…
  • 元南部高野球部監督の井戸さん死去

     高校の硬式野球部で32年間監督を務め、南部高校を甲子園に4回導いた名将、井戸大志さんが18日、死去した。68歳だった。  南部高校から東海大学に進み、卒業後の1974年4月、高校教師に採用。南部高校には78年…
  • ジュニア駅伝 御坊市が7位入賞

     第19回県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会が16日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場を出発、県庁前を決勝とする10区間21・1㌔コースで開かれ、北山村を除く29市町の代表と順位に記録されないオープン16の計45チームが出…
  • バレー元五輪メダリストの迫田さんが小学生を指導

     住友生命和歌山支社御坊支部(池田吉宏支部長)主催の小学生バレーボール教室が8日、御坊市立体育館で開かれ、元女子バレー日本代表でロンドン五輪銅メダリストの迫田さおりさん(32)が子どもたちに楽しく指導した。  …
  • 選抜高校野球 智弁和歌山ナインに吉報

     第92回選抜高校野球大会の出場校選考委員会が24日、大阪市の毎日新聞大阪本社であり、県勢では一般選考で智弁和歌山の3年連続14回目の出場が決まった。本紙エリアの3選手も6季連続となる甲子園切符に喜びを爆発させ、「目指す…
  • 日高地方駅伝 御坊市が独走で連覇

     日高地方体育協会(日裏勝己会長)主催の第56回日高地方駅伝競走大会は18日、美浜町役場周辺コースで開かれ、7市町代表が小学生男女各3人、一般3人の9区間19・4㌔で熱戦を展開した。冷たい風が吹く中のレースは御坊市が1区…

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る