カテゴリー:スポーツ

  • 高校軟式野球 南部が近畿大会出場へ

     2019年度秋季近畿地区高校軟式野球大会県予選の決勝が27日、新宮市のくろしおスタジアムで行われ、南部が耐久を2―0で破って2年連続8回目の優勝を飾った。11月9日から兵庫県姫路市で開かれる近畿大会に出場する。南部は準…
  • 近畿高校野球 南陵は後半守備乱れ初戦敗退

     来春の選抜出場校を選ぶ際の重要な参考資料となる秋季近畿地区高校野球大会は26日、橿原市・佐藤薬品スタジアムで1、2回戦3試合があり、第1試合の1回戦では和歌山南陵(県2位)が京都翔英(京都1位)に中盤までの善戦及ばず2…
  • ボウリングアジア選手権 日高東宝の安里選手が3位

     21日にクウェートで開幕した第25回アジアボウリング選手権大会は22、23日、シングルス戦が行われ、日本男子代表チームのバイスキャプテン(副将)で日高東宝ボウル(御坊市薗)所属の安里秀策選手(28)=有田市=が3位に入…
  • 大阪桐蔭の中田投手 オリックスが育成3位指名

     プロ野球ドラフト会議が17日開かれ、御坊市出身で大阪桐蔭の中田惟斗投手(3年、御坊ボーイズ/ジュニアタイガース出身)=写真=がオリックス・バファローズから育成枠3位で指名を受けた。御坊ボーイズからプロ野球選手は、昨年同…
  • 小学生クロスカントリーリレー県予選 GOBOクラブがV

     一般財団法人和歌山陸上競技協会主催の〝日清食品カップ〟第22回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会県予選会兼第15回県小学生タスキリレー研修大会は14日、南山スポーツ公園で開かれた。本紙エリア勢はGOBOクラブAが…
  • 秋季高校野球 南陵が初の近畿大会へ

     秋季近畿地区高校野球大会県2次予選は5日に準決勝、6日に決勝が、いずれも紀三井寺公園野球場で行われた。本紙エリア勢は、準決勝で和歌山南陵が新人戦の覇者・市和歌山に劇的なサヨナラ勝ち。決勝で智弁和歌山に敗れたものの、来春…
  • 家吉選手 5000㍍で県高校新記録

     横浜市の日本体育大学健志台陸上競技場で21、22の両日、第272回同大学長距離競技会が開かれ、男子5000㍍で家吉新大選手(和歌山北高3年・湯川中出身)が14分03秒88の県高校記録をマークした。  これまで…
  • 全日本ジュニアソフトテニス 印南中の畑中選手が準優勝

     JOCジュニアオリンピックカップ大会兼、第26回全日本ジュニアソフトテニス選手権大会(日本ソフトテニス連盟主催)が21、22日に広島市の広島翔洋テニスコートで開かれ、U17女子ダブルスの部で印南中学校3年生の畑中望来選…
  • 全日本マスターズ陸上 貴志さんがハンマー投げV

     第40回記念国際・全日本マスターズ陸上競技選手権大会が13日から16日まで、群馬県前橋市の正田醤油スタジアムなどで開かれ、ハンマー投げW60(女子60~64歳)クラスで印南町島田の貴志栄子さん(62)が優勝し、2連覇を…
  • JOC中学バレー 県選抜に日高地方から7選手

     12月25日から28日までの4日間、大阪市で開催されるJOCジュニアオリンピックカップ第33回全国都道府県対抗中学バレーボール大会の県男女選抜チームのメンバーが決まり、日高地方関係で男子2、女子5選手が代表入りした。身…

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る