カテゴリー:スポーツ

  • 和歌山北の家吉君が箱根の強豪東洋大へ進学

     昨秋、陸上競技の5000㍍で和歌山県高校新記録を樹立した御坊市藤田町吉田の家吉新大君(18)=和歌山北高3年=は今春、東京の東洋大学に進学。東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)出場78回、優勝4回を誇り、多くの名ラン…
  • 元南部高野球部監督の井戸さん死去

     高校の硬式野球部で32年間監督を務め、南部高校を甲子園に4回導いた名将、井戸大志さんが18日、死去した。68歳だった。  南部高校から東海大学に進み、卒業後の1974年4月、高校教師に採用。南部高校には78年…
  • ジュニア駅伝 御坊市が7位入賞

     第19回県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会が16日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場を出発、県庁前を決勝とする10区間21・1㌔コースで開かれ、北山村を除く29市町の代表と順位に記録されないオープン16の計45チームが出…
  • バレー元五輪メダリストの迫田さんが小学生を指導

     住友生命和歌山支社御坊支部(池田吉宏支部長)主催の小学生バレーボール教室が8日、御坊市立体育館で開かれ、元女子バレー日本代表でロンドン五輪銅メダリストの迫田さおりさん(32)が子どもたちに楽しく指導した。  …
  • 選抜高校野球 智弁和歌山ナインに吉報

     第92回選抜高校野球大会の出場校選考委員会が24日、大阪市の毎日新聞大阪本社であり、県勢では一般選考で智弁和歌山の3年連続14回目の出場が決まった。本紙エリアの3選手も6季連続となる甲子園切符に喜びを爆発させ、「目指す…
  • 日高地方駅伝 御坊市が独走で連覇

     日高地方体育協会(日裏勝己会長)主催の第56回日高地方駅伝競走大会は18日、美浜町役場周辺コースで開かれ、7市町代表が小学生男女各3人、一般3人の9区間19・4㌔で熱戦を展開した。冷たい風が吹く中のレースは御坊市が1区…
  • 小学生卓球 中津選手が全国大会出場へ

     第17回全国ホープス選抜卓球大会(3月20~22日、秋田県由利本荘市)に出場する和歌山男女選抜のメンバーを決める県予選会が11日、和歌山市の県立体育館補助館で開かれた。男女とも小学3年生以下から6年生以下まで4部門の試…
  • U15クラブバスケ アドラーレが全国3位

     全国のU15バスケットボールクラブチームによる第8回U15ジャパンクラブバスケットボールゲーム(旧全国ジュニアバスケットボール選手権大会)が4日から6日まで、名古屋市などで開かれ、男子で日高地方の中学生3選手がメンバー…
  • ジュニアソフトテニス 和歌山女子が全国2位

     第18回KENKO CUP全国ジュニアソフトテニス大会が先月25日から27日まで埼玉県熊谷市の彩の国くまがやドームで開かれ、女子の部で印南ジュニアの濵本琴心選手(印南小6年)がメンバー入りしている和歌山選抜Aが準優勝。…
  • 日高マリナーズOB 選抜有力2人が新年の誓い

     中学生硬式野球の和歌山日高ボーイズ/マリナーズは2日、御坊市民球場で恒例のOB戦を行い、第92回選抜高校野球大会(3月19日開幕、阪神甲子園球場)に出場が有力視される小林白彪(智弁和歌山2年・由良中出身)、山田孝徳(天…

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る