カテゴリー:スポーツ

  • 秋の近畿高校野球 和歌山南陵が2次予選選出

     秋季近畿地区高校野球大会県1次予選は19日、県2次予選のゾーン代表決定戦4試合が行われ、本紙エリア勢は和歌山南陵が紀北工を下して県2次予選進出を決めた。  これで県新人戦4強と県1次予選を勝ち抜いた4校による…
  • 県小学生陸上選手権 瀧本君が100㍍連覇

     一般社団法人和歌山陸上競技協会主催2020年度県小学生陸上競技選手権大会兼〝日清食品カップ〟県小学生陸上競技交流大会が13日、紀三井寺公園陸上競技場で開かれ、男女各13、男女混合1の計27種目に506人が出場。本紙エリ…
  • 高校ホッケー 紀央館男女がそろって近畿大会へ

    県高校ホッケー選手権大会(県高校体育連盟など主催)が11日から13日までの3日間、日高町荊木のマツゲンスポーツグラウンドで開かれ、女子の部で紀央館が2年ぶり13回目の優勝を決めた。男子も紀央館が準優勝と健闘し、男…
  • バレーの植田元全日本監督 南部ジュニアを視察

     バレーボールの元男子日本代表監督で大阪商業大学バレー部総監督の植田辰哉氏(56)が12日、みなべ町の上南部小学校を訪れ、南部バレーボールスポーツ少年団の練習を視察した。植田氏は20年、30年先に日本バレーが世界のトップ…
  • 智弁和歌山 小林投手がプロ志望届提出

     日本高校野球連盟は2日、2020年のプロ志望届の提出者一覧を更新。智弁和歌山の小林樹斗選手(17)=美浜町吉原、松洋中出身・同校野球部OB=が提出し、ホームページに掲載された。150㌔超の速球を武器に、甲子園高校野球交…
  • オリックス富山 今季初1軍登板の好投

     オリックスの富山凌雅投手(23)=御坊市出身、和歌山御坊ボーイズ/ジュニアタイガースOB=が23日、今季1軍初昇格を果たし、この日、京セラドーム大阪で行われた西武12回戦に3―3の7回から3番手で登板。1イニングを無安…
  • 夏 高校野球 智弁和歌山が4連覇

     「2020 夏 高校野球和歌山大会」は6日、和歌山市の紀三井寺公園野球場で決勝が行われ、15日間の熱戦に幕を閉じた。選手権大会とは別だが、4年連続25回目となる夏優勝を飾った智弁和歌山では、本紙エリアから小林樹斗(3年…
  • 夏 高校野球 日高は決勝進出ならず

     「2020 夏 高校野球和歌山大会」は5日、準決勝が行われ、第1試合の日高は智弁和歌山にコールド負け。これで本紙エリア勢は7校全て敗退となった。 智弁和歌山 451200012 00000303 日高 …
  • 夏 高校野球 日高が16年ぶり4強進出

     「2020 夏 高校野球和歌山大会」は3日、準々決勝3試合が行われ、第3試合で日高が日高中津との兄弟校対決に守り勝って、選手権和歌山大会とは別大会だが、16年ぶりの4強入りを決めた。第2試合では和歌山高専が智弁和歌山に…
  • 日高新報杯バレー 南部女子Aが3年ぶりV

     日高郡市ジュニアバレーボール連盟主催、本紙協賛の第20回日高新報杯ジュニアバレーボール大会が2日、美浜町体育センターをメイン会場に開催され、6年生主体のAリーグに15、5年生以下のBリーグに5の計20チームが参加して熱…

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る