カテゴリー:スポーツ

  • 全日本バレー小学生県大会  男女とも南部が優勝

     第41回全日本バレーボール小学生大会県決勝大会が19、20の2日間、県立橋本体育館で開催され、男子、女子の部とも南部が優勝を飾った。本来なら県制覇チームが8月の全国大会に出場するが、今年はコロナ禍のため中止。幻の全国と…
  • 夏の高校野球和歌山大会の組み合わせ決まる

     7月9日に紀三井寺公園野球場で開幕する第103回全国高校野球選手権和歌山大会の抽選会が19日、和歌山市の和歌山ビッグ愛であり、参加39校の準々決勝までの組み合わせが決まった。シード権を獲得していない本紙エリアの7校はA…
  • 高校ソフトテニス 就実の林、畑中選手全国へ

     岡山県の高校総合体育大会のソフトテニス競技が12日から14日まで浦安総合公園テニスコートなどで開かれ、団体女子で日高地方から林李々花選手(2年)=印南中出身=、畑中望来選手(2年)=印南中出身=がメンバー入りしている就…
  • 箕島高相撲部が全国大会へ

    写真=団体優勝の箕島(前列右から4人目が井ノ上選手、後列右から6人目が前田選手)  近畿高校体育連盟等主催の第68回近畿高校相撲大会が13日、京都市伏見港公園相撲場で開かれ、御坊市出身の井ノ上豪志選手(3年・野口小…
  • 日高地方陸上選手権 塩路賞に3選手

    写真=左から塩路賞を受賞した永江君、深尾君、前田君  第63回日高地方陸上競技選手権大会が12日、南山スポーツ公園陸上競技場で開かれた。優秀な成績を収めた選手に贈る塩路芳典賞は、中学男子三段跳びの深尾樹希哉選手(日…
  • 県高校総体剣道で団体優勝

     県高校総合体育大会剣道競技の部が和歌山市の和歌山ビッグホエールで行われ、男子団体の部で美浜町の松洋中出身、佐々木健太君(3年)がメンバー入りする和歌山東が優勝。女子団体の部では同中学校出身、堂前優美さん(3年)がメンバ…
  • 高校総体ソフトテニス 日高地方の5選手全国へ

     県高校総合体育大会のソフトテニス競技が3日から7日まで日高川町和佐のかわべテニス公園で開かれ、団体の男子は日高地方の3選手がメンバー入りしている和歌山北、女子は2選手がメンバー入りしている和歌山信愛が優勝。個人でも和歌…
  • 陸上は8人が9種目で優勝

     2021年度全国高等学校総合体育大会和歌山県予選、県高校陸上競技対校選手権大会兼第74回全国高校陸上競技対校選手権大会近畿地区予選会県予選会が今月4日から6日までの3日間、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で開かれ、日高…
  • 高校総体弓道 紀央館男子が団体、個人で全国へ

     県高校総合体育大会の弓道競技が4日から6日まで田辺市立弓道場で開かれ、男子団体で紀央館が6年ぶりに優勝。個人でも同校の山本楓和選手(2年)が優勝し、いずれも7月29日から新潟県上越市で開かれる全国高校総体(インターハイ…
  • 男子バスケは和歌山南陵が初優勝

     第74回県高校総合体育大会バスケットボール競技は4日から8日まで5日間、和歌山市の県立体育館などで行われ、男子の部で創部2年目の和歌山南陵が初優勝を飾った。初戦から決勝まで全4試合で100ゲームの高い攻撃力を発揮。7月…

フォトニュース

  1. 気軽にご利用、ご来場ください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る