カテゴリー:社会

  • 日高町の80代男性 スズメバチに襲われる

     日高町志賀のやぶで15日昼、80代の男性がスズメバチに刺され、和歌山市内の病院に運ばれた。  現場は谷口住民公園近くで、午前11時42分ごろ、「男性が倒れていて周りにハチの大群が飛んでいる」と通報があり、日高…
  • デンマークの高校生が日高高校を訪問

     日高高校(池田尚弘校長)と姉妹提携を結んでいるデンマークのフレデリクスハウン高校の生徒8人と教員2人が15日、日高高校を訪問した。  日高高は体育館で歓迎集会を開き、池田校長や両校の生徒代表らがあいさつを交わ…
  • 台風19号の高波で印南の防潮護岸損壊

     12日昼に紀伊半島へ最接近した台風19号の風雨で、日高地方でも護岸損壊などの被害が出た。けが人はなかった。  印南町島田地内ではマリンパーク南側海岸線で防潮護岸が倒壊。切目川に架かる大浜橋から南へ約200㍍の…
  • 危険業務従事者叙勲 日高地方から3氏

     警察官や消防士ら著しく危険性の高い業務に精励した人を対象とする危険業務従事者叙勲(11月3日発令)の受章者が発表され、県関係は31人が受章する。日高地方からは警察功労で元県警部の北本大雄氏(71)=御坊市塩屋町北塩屋=…
  • 全国防犯功労表彰 米原さんら受賞

     今年度の全国防犯功労表彰で、御坊署管内から御坊市の北野口区自主防犯組織隊隊長米原史夫氏(77)が防犯栄誉銅章、西富安地区地域安全パトロール隊(芝田求隊長)が功労ボランティア団体の表彰を受け、11日に県民文化会館での安全…
  • 台風19号 日高地方も強い雨と風

     大型で非常に強い台風19号は12日朝、勢力を維持したまま紀伊半島に接近し、紀中・紀南地域を暴風圏に巻き込んだ。  気象庁によると、午前10時現在、八丈島の西南西約230㌔にあり、時速25㌔で北へ進行。中心気圧…
  • 印南の老舗「平五練羊羹」が年内で閉店へ

     印南町印南で120年間続く手作りようかんの老舗「平五練羊羹(へいごねりようかん)」が、今年12月30日で閉店する。4代目の成田忠司さん(80)が昔ながらの製法で伝統の味を守ってきたが、後継者がなく自身の年齢もあって苦渋…
  • 日高広域消防の山本士長 潜水救助教育で最優秀賞

     県消防学校の特別潜水救助教育(9月25日~10月8日)で、日高広域消防から派遣されていた潜水隊員の山本昌史士長(31)が、成績トップに贈られる最優秀賞を受けた。  潜水で捜索、救助を行う隊員のスキルアップや県…
  • 御坊の阪本さん 独立美術展で最高賞

     全国的な美術団体、独立美術協会(絹谷幸二代表)の第87回独立展で、洋画白玄会会員阪本聡さん(55)=御坊市藤田町吉田=の作品が最高賞の独立賞に輝いた。2009年の新人賞受賞から10年で、当初からの目標を実現。近年は上位…
  • 田辺署がドローンスクールと協定締結

     災害時等にドローンを活用して情報収集を行おうと、田辺署は9日、田辺ドローンスクール(田辺自動車学校、野村晃大代表)と運用に関する協定を締結した。  災害や捜索事案が発生した場合、同スクールからドローンと操縦者…

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る