カテゴリー:社会

  • なれずしの「八ッ房」 今月末で閉店

     日高地方の秋祭りには欠かせないなれずしの専門店、御坊市湯川町丸山の紀州なれずし「八ッ房」が今月末で閉店する。ふるさと伝統の味を守り、お客さんに愛され45年余り。〝大将〟の津村孝房さん(78)が難病を患ったためで、惜しま…
  • 日赤和歌山医療センターにハイブリッド手術室

     和歌山市小松原通の日赤和歌山医療センターは、県内では初となるCT撮影も可能な自在に動く血管撮影装置と連動した手術ベッド(ハイブリッド手術室)を導入した。術中CT撮影と同期して手術器具を確定位置に導くナビゲーションシステ…
  • みなべ梅郷クラブ 耕作放棄地の伐採作業代行

     みなべ町の若手農業者でつくる4Hクラブ「みなべ梅郷クラブ」は今年度から、耕作放棄地の伐採作業を請け負う活動を本格スタートさせる。主に梅園での伐採で、県内でも発生が確認されたクビアカツヤカミキリなど病害虫の侵入防止や鳥獣…
  • 御坊市消防団が女性団員を募集

     御坊市消防団は、「女性消防班」の発足に向けて、団員を募集する。男性団員のように火災現場に出動するのではなく、市民の火災予防や防災意識を高める広報や啓発が主な任務。女性のソフトな面を生かし、消防団活動の充実強化や地域防災…
  • 地域防犯活動功労表彰 御坊署管内から3人

     長年にわたり地域の防犯活動に尽力し、犯罪の抑止に貢献した個人、団体をたたえる2020年度の近畿防犯協会連絡協議会と県防犯協議会連合会の各防犯功労者・団体が決まり、県内から近畿表彰を5人と1団体、県表彰を13人と4団体が…
  • 県が休業要請見直し 23日からパチンコ店等8業種解除

     新型コロナウイルスの拡大に伴う政府の緊急事態宣言が関西3府県で解除されたことを受け和歌山県は23日、休業を要請していた17業種(文教施設を除く)のうち8業種を見直し、パチンコ店(床面積1000平方㍍以上)やカラオケボッ…
  • 夏の甲子園中止 選手や保護者ら落胆

     日本高野連と朝日新聞社は20日、8月10日に開幕を予定していた第102回全国高校野球選手権大会の第2回運営委員会と理事会をオンラインで開き、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、同大会と、49代表校(北海道、東京各2校…
  • 南高梅着果調査 数は過去10年で最少

     JA、市町などでつくる日高果樹技術者協議会は20日、今年の南高梅着果調査の結果を発表した。みなべ町、印南町、御坊市、日高川町で調査し、100節当たりの着果数は全平均で「少ない」となり、過去10年比で最少となった。主産地…
  • 日高、紀央館高校で分散授業スタート

     県立の日高高校と紀央館高校は20日、6月1日の学校再開に向けての準備となる分散授業をスタートさせた。各クラスで出席番号の奇数と偶数の2グループつくり、午前、午後に分かれて登校。3年生は「受験を控えているので、授業が再開…
  • 由良の紀州あかもく 量少ないが質は良好

     由良町の衣奈浦漁港加工施設で20日、「美容や健康にいい成分が多く含まれている」と注目される海藻アカモクの食品加工が行われた。紀州日高漁協戸津井支所の組合員でつくる「あかもく会」(中村和孝会長)のメンバー5人がミンチ状に…

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る