カテゴリー:社会

  • 人気観光列車「銀河」来夏、県内へ乗り入れ

     JR西日本が運行する人気観光列車「WEST EXPRESS 銀河」が来年夏から秋、京都│新宮間を走ることが決まった。銀河が県内に乗り入れるのは初めて。車内や停車駅では、運行ルート沿線の特産品や名産品の販売なども行われ、…
  • みなべの大嶋医師に住友生命財団地域医療貢献賞

     医療に恵まれない地域で多大な貢献をしている医師をたたえる住友生命福祉文化財団の第14回地域医療貢献奨励賞の受賞者が発表され、みなべ町立高城診療所の大嶋仙哉(せんや)院長(80)が選ばれた。大嶋院長は、前院長だった父に代…
  • みなべの高城中 森を作ろうプロジェクトスタート

     みなべ町、高城中学校の(瀬戸敬二校長)1年生が、町の特産紀州備長炭の原木となるウバメガシの苗木を育てる取り組みをスタートさせた。  世界農業遺産に認定されているみなべ・田辺の梅システムの中でも重要な役割を果たして…
  • ぼうさい甲子園 印南中が大賞

     学校や地域が取り組む優れた防災教育を顕彰する2020年度「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)の受賞校・団体が決まり、県内からは印南町、印南中学校(野田明校長)が中学生部門で最高賞のぼうさい大賞に選ばれた。同校ではこ…
  • 万壽丸生誕700年を祝う会が発足

     郷土の偉人に光を当てよう――。道成寺の二代目釣り鐘をよみがえらせた中世の人物、逸見(へんみ)万壽丸が来年生誕700年を迎え、記念祭として釣り鐘が京都の妙満寺から「お里帰り」するのを前に、地元の有志らが「逸見万壽丸生誕七…
  • 読書まつりPOPコンクで日高附属中の2人入賞

    本を読んでキャッチコピーなどを用紙にまとめる県立図書館の中高生読書まつりPOPコンクール中学生の部で、日高附属中学校2年生の田淵穂花さんの作品が最優秀賞に輝いた。瀬尾まいこの「卵の緒(新潮社)」の主人公の感情を…
  • アンサンブルコンテスト 松洋中と南陵高が県大会へ

    第49回県アンサンブルコンテスト地区大会中紀地区アンサンブルコンテストが20日、有田市文化福祉センターで開かれ、中学校の部で松洋の管打5重奏、高校の部で和歌山南陵の管打6重奏が県大会出場を決めた。 中学校は…
  • 木星と土星が大接近

     木星と土星の2つの惑星が21日夜、397年ぶりに大接近し、肉眼でもすぐ近くに並ぶ様子を見ることができた。  木星と土星は約20年周期で接近するが、これほどの大接近はまれで江戸時代の1623年以来。この時は太陽に近…
  • 日高川の放置鶏ふんに消防が放水

     ブランド鶏肉を育てていた有田養鶏農業協同組合(有田川町)が経営難に陥り、日高川町内の施設に鶏の死骸やふんが放置された問題で、日高広域消防本部は18日、大規模な火災の危険がある初湯川・猪谷地区の同組合鶏ふん置き場で放水を…
  • NOSAIひょうご絵画コンクで赤木さん知事賞

     兵庫県農業共済組合連合会主催、第20回NОSAIひょうご「農」絵画コンクール人物画の部で、白玄会会員の阪本由捷さん(81)=御坊市藤田町吉田=が指導する教室から、西宮市在住の赤木環(たまき)さん(甲子園浜小学校3年)の…

フォトニュース

  1. 龍が飛び出てきそう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る