カテゴリー:社会

  • 日高町の比井小学校で閉校式

    写真=松本町長に校旗を返納する松下さん  今年度で廃校となる日高町の比井小学校(三原章宏校長)で28日、閉校式が行われ、児童や保護者、地域住民ら約140人が思い出の学び舎に別れを告げた。同校は児童数減少のため、来年…
  • みなべ町がワクチン接種をシミュレーション

    写真=本番と同じ流れでワクチンを接種する医師  みなべ町は、4月29日から新型コロナワクチンの集団接種をスタートさせるのを前に、28日に会場となるふれ愛センターでシミュレーションを行った。安全でスムーズに接種を受け…
  • 県立医科大 同志社大等と創薬連携へ

     県立医科大学とアステラス製薬株式会社(本社・東京)、同志社大学(京都)の3者が26日、ビッグデータを活用した創薬イノベーション(技術革新)研究を開始すると発表した。診療記録情報などを基にした統計学やAI(人工知能)を活…
  • 御坊署 的場新署長が着任

    写真=「一期一会を大切に頑張ります」と的場署長  県警の春の1次異動が26日発令され、御坊署の新署長に的場克郎警視(57)が着任。「住民の安全、安心を守るのが私たちの一番の使命。何をするにも前向きに業務を進めていき…
  • 日高川で稚アユの遡上始まる

     日高川で稚アユの遡上(そじょう)が始まった。河口から約8㌔離れた日高川町若野の堰堤(えんてい)では、上流を目指す体長7、8㌢のアユが魚道の段差を次々とジャンプする姿=写真=がみられる。  昨年秋に河川の下流域で孵…
  • 廃ペットボトル発明コンテスト 笠井君に御坊市長賞

    写真=発明品を前に佐藤さん㊧、笠井君㊥、田中君㊨  御坊市少年少女発明クラブの発明コンテストで、笠井健玄(としつね)君(名田小4年)の作品「ペットボトルがいりん船」が御坊市長賞に選ばれた。24日に市役所で表彰式があ…
  • 御坊市民大学はまぼう学園で卒業式

    写真=塩路学長から証書を受け取る卒業生  御坊市民大学はまぼう学園の第43回卒業式・第46回修了式が26日、福祉センターで行われ、普通科8人、研究科13人の卒業・修了を祝った。  一人ひとりの名前が読み上げら…
  • 県警 22年度からの12署体制再編案を公表

    写真=県内警察署再編案の概要  県警は2022年度に有田署を湯浅署、串本署を新宮署にそれぞれ統合し、現在の14署から12署体制とする再編案を発表した。社会・犯罪情勢の変化や大規模災害への対策を背景に、マンパワーの集…
  • みなべの南紀用水土改区 かん水遠隔操作実証実験へ

     みなべ町の南紀用水土地改良区がスマート農業の一環で2018年度から取り組んでいるICT水管理モデル事業で、園地への電磁バルブや制御盤の設置が今年度で完了し、4月からいよいよ実証実験をスタートさせる。梅畑での自動かん水を…
  • ワクチン接種 日高医師会が協力約束

     日高郡町村会会長の松本秀司町長と副会長の久留米啓史日高川町長、三浦源吾御坊市長が23日、日高医師会館を訪れ、中島彰一会長に新型コロナワクチン接種への対応についてお願いと感謝を伝えた。  日高地方では65歳以上の高…

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る