カテゴリー:社会

  • 日高川町でふじまつり

     日高川町美山地区恒例のふじまつりは28日、 初湯川のリフレッシュエリアみやまの里森林公園で開幕。 好天にも恵まれ、 初日から日高地方をはじめ、 多くの行楽客でにぎわった。 主役のフジは、 寒さの影響からか桜同様にやや開…
  • 29日 上阿田木神社春祭り

     日高川町初湯川の上阿田木神社で29日、春祭りが行われる。祭礼は平安時代の古い形式が伝えられており、県の無形文化財に指定。幟の先端を飾る美しい造花が有名で、「花祭り」とも呼ばれている。  当日は午後0時半からの神前式、1…
  • 切目川ダム本体工事5月から掘削

     県が印南町高串地内で進めている切目川ダム建設は、 本体工事に向けた川の流れの切り替え作業が完了し、 5月から現場の掘削に取り掛かる。 政権交代による脱ダムの動きで一時ストップし、 完成の遅れが心配されていたが、 本年度…
  • 28日から日高川町でふじまつり

     日高川町初湯川地内のリフレッシュエリアみやまの里森林公園で28日から6日までの9日間、ふじまつりが開かれる(開園は5月13日まで)。町内の観光施設を管理運営する㈱共立メンテナンスではフォトコンテスト「ふじまつり2012…
  • JAしし肉カレーもうすぐ2万食

     JA紀州中央 (芝光洋組合長) が鳥獣害対策の一環で昨年7月から販売しているレトルトカレー 「あんばいできました紀州カレーしし肉入り」 は、 年間販売目標の2万食を間もなく達成する見通しで、 好調な売れ行きとなっている…
  • 比井~小坂県道改良工事大詰め

     県が平成20年度から進めてきた日高町比井地内、県道比井紀伊内原停車場線改良工事が大詰めを迎えている。ゴールデンウイークの行楽シーズンを前に新しい築地橋が完成し、架け替え期間中に通行止めだった同線が約半年ぶりに開通。残す…
  • うめ着果数、例年より2割以上減

     JAや県うめ研究所などで構成する日高果樹技術者協議会(佐原重広会長)は27日、うめ着果状況調査の結果を発表した。着果数は、過去10年の平均値に比べて2割以上の減。1~2月の低温と乾燥で開花が遅れたことが響き、生育ステー…
  • 御坊市長選前哨戦 静かなムード

     5月20日告示、 27日投開票の市長選は、 立候補を予定している現職柏木征夫氏(71)=5期=と、 新人山本勝也氏(51)=島・飲食店経営=がそれぞれ後援会事務所開きを終えて、 前哨戦もあと1カ月を切った。両陣営ともま…
  • 日高川のアユ一夜干し販売スタート

     日高川町松瀬、日高川漁業協同組合(大杉達組合長)は、アユの一夜干しの製造・販売をスタートした。漁協敷地内にある水産物加工処理施設「お魚工房日高川」で製造した日高川ならではのプレミアム商品で、歌手のマチャアキこと堺正章さ…
  • 中村さんが26年ぶりに句集発刊

     御坊市湯川町財部、 俳句結社 「海程」 同人の中村ヨシオ (本名・義男) さん (75) は、26年ぶりに3冊目の句集 「天田屋文ヱ門」 (東京四季出版、 定価2600円)を発刊した。  中村さんの句歴は50年以上。 …

フォトニュース

  1. いまが見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る