カテゴリー:社会

  • ぼうさい甲子園 印南中が3年連続奨励賞

     子どもや学生の防災教育・活動を顕彰する 「ぼうさい甲子園(1・17防災未来賞)」 (兵庫県、 毎日新聞社など主催) で、 印南中学校 (土井淳司校長) の津波研究班14人が中学生部門奨励賞に選ばれた。 受賞は県内で同校…
  • 和医大の板倉学長 パーキンソン病調査結果発表

     国内で行われたパーキンソン病治療の脳深部慢性電気刺激手術について、 術後は運動機能と日常生活動作に改善がみられ、 多くの患者が薬の減量につながったことが、 県立医科大の板倉徹学長が委員長を務める症例登録委員会の調査で分…
  • 北塩屋自主防犯隊が500回目のパトロール

     御坊署管内で第1号の自主防犯組織として平成14年に発足した北塩屋自主防犯パトロール隊 (木村三樹夫隊長) のパトロール回数が8日、 500回目を迎えた。 結成から10年、 深夜巡回をコツコツ積み重ねたことで、 地区内で…
  • 切目川のウナギマスコット 「うなみちゃん」に

     印南町の 「切目川オオウナギ捕獲プロジェクトチーム (中田稔代表)」は、公募していたオオウナギマスコットキャラクターの名前を「うなみちゃん」に決めた。 9日に古井の事務所で表彰式を行った。  県内外から231点が応募。…
  • 印南の倒れんジャー教室13期生が修了

     印南町が実施している高齢者のための筋力トレーニング「倒れんジャー教室」の13期生が修了し、参加者15人の体力年齢が平均10歳若返った。  教室は9月にスタート。参加者は63歳から77歳までで、毎週体育センターでステップ…
  • 印南町が災害に備え小学校に太陽光パネル設置へ

     印南町は大災害による停電時の電源確保へ、 避難場所となっている切目小学校に太陽光発電パネルと蓄電池を設置する。 蓄電池と併用することで日光が当たらない夜間や雨天時でも電源を確保でき、 日高地方では先進的。 10日から開…
  • みなべ町区長会から議員定数削減の声

     みなべ町区長会が6日に役場で開かれ、 出席者から 「議員定数を削減してはどうか」 という提言が出された。 議会への要望書提出までには至らなかったが、 「厳しい財政事情の中、 町政の一翼を担う議員が率先して定数削減を断行…
  • 荒堀さんと石水さんに厚労大臣表彰

     長年にわたって戦傷病者、 戦没者遺族、 未帰還者留守家族らの援護に関する事業に携わり、 顕著な功績があった人たちをたたえる援護事業功労者厚生労働大臣表彰で、 日高地方から県遺族連合会会長・荒堀清隆さん(72) =みなべ…
  • 奇跡の一本松保存へ美浜町も協力

     東日本大震災の津波で松林が消滅、 約7万本のうち1本だけが残った岩手県陸前高田市の 「奇跡の一本松」 の保存事業に対し、 同じ松林がまちのシンボルの美浜町も住民に募金の協力を呼びかけている。 一本松は枯死が確認され、 …
  • 勘三郎さん死去 日高川町でも悲しみの声

     平成17年春に十八代目襲名披露公演 「京鹿子娘道成寺」 の成功祈願で道成寺を訪れた、 歌舞伎役者で俳優の中村勘三郎さんが5日午前2時33分、 急性呼吸窮迫症候群のため東京都内の病院で死去した。 57歳。 歌舞伎演目 「…

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る