カテゴリー:社会

  • 日本GB連合 日高地方3氏に功労賞

     公益財団法人日本ゲートボール連合(小野清子会長)の功労賞伝達式が19日、市中央公民館で行われた。  本年度の受賞者は、県内で6人。日高地方からは谷平健吉さん(71)=日高川町=がゲートボール功労賞、井口經雄さん(79)…
  • みなべの統合中学校 校名に意見分かれる

     少子化で生徒数が減少しているみなべ町の高城中学校と清川中学校の統合で、 新中学校の校名について 「新しい名前を」 「高城にあるのだから高城中学校でいいのでは」 と意見が分かれている。 18日に清川公民館で開かれた推進委…
  • 印南町でメガソーラー計画進む

     印南町本郷地内にある町有の外ケ濱埋め立て地で、 県外の企業がメガソーラー計画を進めていることが分かった。 企業名や詳細はまだ公表されていないが、 18日に地元説明会が開かれるなど着々と進められており、 順調に進めば年内…
  • 県立医科大に究極の放射線がん治療器

     県立医科大学(板倉徹学長)に最新鋭の強度変調放射線治療装置「トモセラピー」が入り、年明けから患者への治療がスタートする。「リニアック」など従来の放射線機器では不可能な複数のビーム(放射線)の強さを腫瘍の大きさや場所に合…
  • みなべの常福寺 畑﨑名誉住職がえとの色紙

     みなべ町堺、 西山浄土宗常福寺の畑﨑龍定名誉住職(84)は、 ことしも来年のえと 「巳」 にちなんだ色紙絵200枚を描いた。 還暦の檀家と初詣で客に贈る。 昭和45年から続けており、 ことしで44年目。 毎年絵に言葉を…
  • ボランティア「えがおの会」が発足

     子どもたちに笑顔になってもらおうと、日高地方の60歳代前後の男女12人が、ボランティアグループ「えがおの会」を立ち上げた。補導員の桶谷豊さんが代表となり、今後、幼稚園・保育園や小学校のイベントなどに出向き、芸達者なメン…
  • 東本庄区のイノシシ対策に効果

     野生動物による農作物への被害が各地で相次いでいるが、 みなべ町東本庄区 (佐々木敏明区長) は独自の対策で取り組み、 効果が表れている。 同区森林組合と連携し、 平成21年から捕獲したイノシシとシカに対して補助を出すな…
  • 御坊の小竹八幡神社に大絵馬奉納

     市内薗の小竹八幡神社に13日、来年の干支の「巳」を描いた大絵馬が奉納された。ヘビの絵は市内薗の会社員木村洪平さん(48)が描き、平成14年の午(馬)から始めて来年の巳が12番目。先代の画師の父靖夫さん、さらにその前の初…
  • 南こうせつ 日高川町で名曲熱唱

    日高川町高津尾の日高川交流センターで11日、元かぐや姫のフォークシンガー、南こうせつ(63)によるコンサートツアー2012「愛よ急げ」が開かれた。昨年9月に町を襲った台風12号豪雨を受け「心の復興日高川」と題したコンサー…
  • 北朝鮮ミサイル 日高地方自治体もびっくり

     12日朝、 北朝鮮が実行した 「人工衛星」 と称するミサイルの発射に伴い、 政府はEm―Net (エムネット) などのネットワークシステムで緊急情報を発信。 J―ALERT (Jアラート=全国瞬時警報システム) による…

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る