カテゴリー:社会

  • 日高地方各地で出初め式

     御坊、日高川、由良、印南、美浜、みなべの6市町で6・7の両日、新春恒例の消防出初め式がそれぞれ行われた。各会場には消防車両とともに、出動服姿の団員、婦人消防クラブ、自主防災会メンバーが集結。首長や団長らから激励を受けた…
  • 美浜では町議が式典中にたばこ

     美浜町の出初め式には来賓として、県議会議員や警察、消防関係者らが出席。町議会議員も団員としての参加も含め、10人全員が顔をそろえたが、1人のベテラン議員が国旗掲揚の際にたばこをふかし、他の出席者のひんしゅくを買った。 …
  • 切目川ダム関連の国道付け替え着々

     県が印南町で進めている切目川ダム関連の国道425号田ノ垣内~上洞間の付け替え工事は、昨年度に引き続き高串~上洞間に取り掛かっており、平成25年度中の完成へ着々と進められている。また延長となる上洞~川又間は、本年度新規採…
  • 県内の高齢者虐待 23年度は微減

     平成23年度中、県内で息子や夫から身体的、心理的な虐待を受けた高齢者は98人で、過去最多の前年度の101人から3人減となったことが国の調査で分かった。虐待を受けたのは約9割が女性で、虐待の種別(複数回答)ではたたくなど…
  • 日高町と美浜町で成人式

     官公庁仕事始めの4日、 日高、 美浜両町などで一足早く成人式が行われた。 それぞれの会場には色とりどりの華やかな振り袖を着た女性やりりしいスーツ姿の男性たちが勢ぞろい。 首長らから激励の言葉を受けると、 「常に向上心を…
  • みなべの須賀神社で火占い

     みなべ町西本庄、 須賀神社 (楠本誠二宮司) で元日未明、 たいまつで稲の作柄を予想する火占いがあった。 300年以上前から行われている伝統神事で、 県内でも珍しい。 早生 (わせ)、 中生 (なかて)、 晩生 (おく…
  • インフルエンザ 県内も流行シーズン入り

     全国の都道府県がまとめるインフルエンザ定点当たり届出数の第50週 (12月10~16日) の報告数が流行の目安の 「1人」 を超え、 和歌山県内も第51週 (17~23日) の定点当たりの患者報告数が1・38人となり、…
  • 印南の文協役員ら銚子市訪問

     印南町文化協会の坂下緋美会長ら3人は、 約400年前に多くの印南漁民が移民した千葉県銚子市を訪問し、現地の子孫らと交流した。  銚子市には江戸時代初期に魚を求めて印南漁民が黒潮に乗って渡っており、 いまでも多くの子孫が…
  • 折れたイルミ きんでん作業員が修理

     美浜町和田東地区の子ども広場にあるクリスマスイルミネーションは去る23日の強風でポールが折れてしまったが、26日には電線工事の作業員が無償で修理。同日夜から4日ぶりに点灯を再開した。  イルミは高さが約14㍍、広場中央…
  • ゆめ倶楽部の体験型観光が大人気

     日高川町ゆめ倶楽部21(原見知子会長)が都市住民らに提供している体験型観光で、本年度は12月末時点で2697人受け入れており、3カ月を残して過去最高となった昨年度の2627人を上回った。田植えや稲刈りなど楽しめる米作り…

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る