カテゴリー:社会

  • みなべの清川中生が梅取りを体験

     地域の産業を学習しようと、 みなべ町の清川中学校 (宇和孝仁校長) で10・11日の2日間、 恒例の梅取り勤労体験学習が行われた。 11日は平日だが、 全校生徒24人は登校せず家の梅の収穫などに汗を流した。 以前は旧南…
  • みなべで梅のもぎ取りツアー

     梅の収穫シーズンを迎え、 JAみなべいなみ(久保秀夫組合長) の 「梅もぎ体験」 が始まった。  本場の梅の良さを肌で感じてもらおうと、 PR活動の一環として実施。 実際に観光客らが梅の収穫作業を体験し、 畑で収穫した…
  • 消防救助技術 吉田さん全国大会へ

     県下消防救助技術大会が8日、 和歌山市の消防学校で開催され、 ロープブリッジ渡過に出場した日高広域消防中津出張所の吉田一也消防士(25)=美浜町=が見事初優勝。 4度目の挑戦で念願の全国大会出場切符を獲得した。 同消防…
  • 島之瀬ダム小水力発電 8月にも稼働

     県は、 みなべ町東神野川地内の島ノ瀬ダムに小水力発電 (2000㌔㍗以下)の設置を進めており、 順調にいけば8月から稼働となる。 常時ダムから放流している水を利用。 発電した分は電力会社に売電し、 年間2600万円を見…
  • 田植えの時期に農業用水が不足

     田植えシーズンを迎え、降水量が少ないことから日高地方では農業用水が不足しており、日高川・日高町・美浜町の3土地改良区では各農家に対し、節水と用水路の堰(せき)を開放するよう呼びかけている。  5月の中旬以降、まとまった…
  • ミニカーで日本一周 朝倉さんが日高入り

    50ccのミニカーで日本一周の旅に挑戦している冒険家の朝倉くみこさん(33)=北海道出身=が7日、日高地方入り。真っ赤なボディーのかわいい車で国道42号を南下し、ドライバーらの話題となった。地域の情報をブログで紹介しなが…
  • 南高梅 序盤の出荷量は前年比3割減

     みなべいなみ農協(久保秀夫組合長)管内では今月初めから主力の南高梅の出荷が始まっているが、 序盤の出荷量は不作傾向が影響して前年比2~3割減となっている。その分、価格については高値で推移しており、 いまのところ、 2L…
  • 近畿も梅雨入り

     8日は日高地方も朝から小雨まじりのうっとうしい天気となり、気象庁は同日、近畿、中国、四国などが梅雨入りしたと発表した。近畿は平年より1日遅れ。  梅雨の季節といえば、 気になるのが大賀ハスの成長。和歌山大賀ハス保存会事…
  • 野田首相に梅干しプレゼント

     紀南地方の梅産地で構成する紀州梅の会 (会長・真砂充敏市長) が定めた 「梅の日」 の6日、 県内をはじめ東京や京都で記念イベントが展開された。 野田佳彦総理に本場の梅を食べてもらおうと、 平安時代の衣装を着た梅娘…
  • 戦場カメラマン渡部さんが熱弁

     平成24年度第2回市民教養講座が2日、 市民文化会館で開かれた。 講師は 「戦場カメラマン」 ことフォトジャーナリストの渡部陽一さん。 各国の内戦や紛争について、 子どもたちの姿を中心に語った。  渡部さんは独特のゆっ…

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る