カテゴリー:社会

  • 御坊市が「1000年に一度の大雨」ハザードマップ作成

     御坊市は、洪水浸水想定区域と土砂災害警戒区域を併記した「洪水・土砂災害ハザードマップ」を作り、全戸に配布した。「災害発生前に勉強する場面」と「災害時に緊急的に確認する場面」を想定しており、活用を呼びかけている。 …
  • 御坊職安管内 7月の有効求人倍率1倍割れ

     今年7月の御坊公共職業安定所管内(みなべ町を除く日高地方6市町)の有効求人倍率は0・99倍で、2018年7月以来2年ぶりの1倍割れとなった。新型コロナが広がるまで増加傾向にあった有効求人数は、緊急事態宣言が出た4月以降…
  • 御坊の中川邸で10日からおでかけ美術館

     県立近代美術館、社会福祉法人和歌山県福祉事業団主催の第2回「おでかけ美術館」が10日から10月25日まで、御坊市御坊の「ぎゃらりーなかがわ」(旧中川邸)で開かれる。和歌山市出身、大阪市在住の画家田中秀介さん(34)の作…
  • 御坊で災害写真のパネル展

     1日の防災の日を含む防災週間(8月30日~5日)に合わせて御坊署は、御坊市湯川町財部のオークワロマンシティ御坊店で、災害写真のパネル展示を行っている。7日まで。  災害の記憶の風化を防ぎ、大規模災害に対する住民の…
  • 映画「ソワレ」パンフ 撮影現場の様子を詳報

     御坊日高でロケを行った映画「ソワレ」が全国公開から1週間を迎える。各劇場で販売されている映画パンフレット(定価750円)に、総合プロデューサーの豊原功補さんの「プロダクション・ノート」、外山文治監督の「監督活動日誌」が…
  • 日高附属中生がSNSで地域の魅力発信

     日高高校附属中学校の3年生は、日高地方のPRへ、SNSを使った取り組みを進めている。新型コロナウイルスで課外活動が難しい中も、2年生の時の活動で使った写真や資料、ネットを元に集めたデータを活用。フェイスブック、インスタ…
  • 美浜の小学生が遺跡発掘現場を見学

     美浜町が進めている新浜集会場新築工事のため、7月から始まった吉原遺跡の発掘調査の現場を2日、松原小学校の6年生25人が見学した。  調査は保安林の松を伐採した用地で県文化財センターの田之上裕子技師が中心となっ…
  • 防災の日 印南町で避難所開設訓練

     「防災の日」の1日、印南町体育センターで避難所開設訓練が行われ、役場や社協職員、議会議員、自主防災会役員、民生委員ら約150人が参加した。台風シーズンを迎え、新型コロナウイルスなど感染症対策を踏まえた避難所での受け入れ…
  • GI和歌山梅酒管理委員会が発足

     梅の生産量日本一を誇る和歌山の梅酒として一層ブランド力を高めていこうと、みなべ町で「GI和歌山梅酒管理委員会」が発足した。オール和歌山で製造される「和歌山梅酒」が近く国の地理的表示制度「GI」に指定される見通しとなり、…
  • 美浜の平尾さん Zoomでカナダの親類と初対面

     三尾のカナダ移民史を研究する京都外国語大学の取り組みで、カナダのBC州スティーブストン在住の移民2世の男性と、美浜町三尾に住む男性のいとこの娘が29日、ビデオ会議アプリZoomで初めて顔を合わせた。  移民3…

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る