カテゴリー:社会

  • 県の婚活応援事業スタート

     県が結婚したい男女を応援するわかやま結婚支援事業をスタートさせ、 県主催の 「婚活イベント」 に参加できる会員登録などを呼びかけている。 少子化の大きな要因の未婚化、 晩婚化の流れを変え、 男女の出会いの場を提供するほ…
  • 日高地方も最大震度4

     13日午前5時33分ごろ、兵庫県淡路島付近を震源とする強い地震があり、日高地方でも最大震度4を観測。早朝の大きな揺れに「まさか南海地震」と肝を冷やした住民も多かったが、幸い被害はなかった。  和歌山地方気象台によると、…
  • みなべであきんどカーニバル開幕

     地域振興につなげるイベント 「あきんどカーニバル」 (みなべ町、 町商工会主催) が13日、 南部小学校周辺で13年ぶりに開幕。 初日はみなべ町の食材を使った 「みなべん (弁当)」 コンテストが催され、 田辺市のチー…
  • 危険業務従事社叙勲 日高地方は4氏に

     危険性の高い業務に精励した人を対象とする第20回危険業務従事者叙勲(29日付発令)の受章者が決まり、県関係は39人、日高地方は元御坊市消防司令長の竹村倫一ともかずさん(65)=同市塩屋町北塩屋=が瑞宝双光章、元陸上自衛…
  • 県教委が防災教育の手引き改訂

     県教育委員会はおととし12月に作成した 「津波防災教育指導の手引き」 を改訂し、 県内の小中学校、 特別支援学校の全教員約7200人に配布した。 各学校が旧版を基に実践的な授業や避難訓練を行ってきたなか、 浮かんだ課題…
  • 堺漁港で初ガツオ漁本格化

     紀南地方では初ガツオのシーズンを迎え、 みなべ町堺の紀州日高漁協南部支所でも連日水揚げ作業でにぎわっている。 県水産試験場によると、 いまのところ豊漁だった昨年よりも少なく、 まとまった量が出始めたのも例年よりも遅いと…
  • 和高専にものづくりセンター

     和歌山工業高等専門学校 (堀江振一郎校長) が既設の実習工場を改修して進めていた 「ものづくりセンター」 が完成し、 15日に開所式を行う。  実習工場は、 建築から40年以上経過して老朽化が進んでおり、 同校では昨年…
  • 東農園のバラ梅酒スパークリングが人気

     みなべ町は、 2月10・11日の2日間にわたり晩稲の南部梅林で開かれた 「梅酒コレクション」 のアンケート調査結果をまとめた。 「どの梅酒が良かったと思いますか」 の問いでは同町東本庄、 ㈱東農園 (町東本庄) の商品…
  • 博愛会が太陽光発電施設整備へ

     市内名田町野島、 特別養護老人ホーム日高博愛園などを運営している社会福祉法人博愛会 (小林隆弘理事長) が、 野島の遊休地に太陽光発電施設を設置することになり、 12日午前11時から現地で地鎮祭を行う。  環境に優しい…
  • 春の交通安全運動がスタート

     6日からスタートした春の全国交通安全運動の一環で8日、 日高地方各市町では朝から街頭啓発活動が行われ、 シートベルトの着用などを呼びかけた。  この日は多くの小中学校が始業式で、 子どもたちの安全を見守りながら、 ドラ…

フォトニュース

  1. ありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る