カテゴリー:社会

  • 劇団RAKUYU 感動の15周年記念公演

     劇団RAKUYU(松本こうじ代表)の結成15周年記念、第10回公演「奇跡の人 ヘレン・ケラー物語」は9日、市民文化会館大ホールで上演された。見えず聞こえず話せないという三重苦を乗り越えたヘレン・ケラーと師のアニー・サリ…
  • ごぼう商工祭に1万人

     御坊商工会議所(吉田擴会頭)のごぼう商工祭が9日に市内商店街で行われ、ときおり小雨が降る中も親子連れら延べ1万人が来場し、にぎわった。  開会式は本町の千寿堂跡地の特設ステージで行われ、吉田会頭が「5回目の今回からイベ…
  • 陸自和歌山駐屯地で51周年記念行事

     美浜町和田の陸上自衛隊和歌山駐屯地で8日、創立51周年記念行事が開かれ、中村祐治司令が「ありがとう半世紀 これからの未来へ」をスローガンに、地域への感謝を込めて国防、災害救援の任務遂行に強い決意を示した。一方、同駐屯地…
  • 御坊保健所で薬物乱用指導員研修

     県薬物乱用防止指導員の講習会が6日、御坊保健所別館で開かれ、指導員や学校教諭ら約40人が県内の現状を勉強した。  同保健所衛生環境課の玉置敦子さんらが講師を務めた。玉置さんは薬物の種類や強い依存性を説明し、「24年中の…
  • 日高港に大型客船にっぽん丸寄港

     商船三井客船㈱の大型客船にっぽん丸=全長166㍍、総㌧数2万1903㌧=が、6日に市内日高港に寄港。市と観光協会は歓迎イベントを行い、御坊幼稚園児がソーラン踊りを披露し、日高地方のゆるキャラ9体も勢ぞろいしてムードを盛…
  • 日本とトルコの架け橋

     御坊南ロータリークラブ(塩路哲英会長)は4日、今秋クランクイン予定の日本・トルコ合作映画『エルトゥールル(仮題)』を支援しているNPO法人「エルトゥールルが世界を救う」に寄付金を贈呈した。  贈呈式は御坊商工会館で開い…
  • 日高川町鳥獣害報奨金 不正疑惑写真見つかる

     日高川町が交付要綱を守らなかった捕獲者にも有害鳥獣報奨金を交付していた問題で、有志議員が4日、報奨金申請書類の調査を行ったところ、写真転用など複数の不正の疑いがある書類が見つかった。  議員数人が平成24年度に約500…
  • EEパーク 太陽光の売電好調

     市は関西電力から移管を受けた日高港新エネルギーパーク「EEパーク」の太陽光発電施設(100㌔㍗)の電力を、ことし4月から国の「再生可能エネルギー固定価格買取制度」を活用して売電。2カ月が過ぎたが、好調な発電量、売電額を…
  • 切目川ダム定礎式に200人

     県が印南町高串地内で進めている切目川ダムの本体工事の定礎式が2日に行われ、仁坂吉伸知事や国会議員、県議、地元小中学生、用地提供者ら200人が出席し、ダムの永久堅固と安泰を祈願した。  オープニングとして清流小学校と中学…
  • 海自紀伊警備所 38年の歴史に幕

     美浜町三尾、日の岬にある海上自衛隊阪神基地隊の紀伊警備所が3日付で閉所となり、同日、由良町の由良基地分遣隊で閉所式が行われた。  紀伊警備所は昭和50年12月、淡路支所を隷下部隊として発足し、紀伊半島中央西側の標高20…

フォトニュース

  1. ありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る