カテゴリー:社会

  • 梶原土建の弓倉さん 安全優良職長大臣顕彰

    写真=顕彰状を手に弓倉さん㊨と梶原代表  作業の安全確保に優秀な成績を挙げた「職長」をたたえる今年度の安全優良職長厚生労働大臣顕彰の受賞者が決まり、日高地方から株式会社梶原土建リサイクルセンターの工場長弓倉守一さん…
  • 第74回県展開催中

    写真=力作が並ぶ工芸部門の会場(左手前が北垣さんの作品)  第74回県美術展覧会(県展)が17日まで、和歌山市の県立近代美術館と県民文化会館で開かれている。洋画、日本画、書、写真、工芸、彫塑は県立近代美術館、華道、…
  • 日高川町で阪神淡路大震災写真展

    写真=26年前の被災地を写した写真パネル等展示  日高川町防災センターは29日まで、阪神淡路大震災パネル写真展を開催している。  1995年1月17日の大震災から今年で26年。横倒しとなった阪神高速道路、新幹…
  • 県立中入試出願 日高附属は5人超

     県教育委員会は12日、県立中学校の入学志願者の出願状況を発表した。日高附属中は定員40人に対し45人が出願し、5人オーバー(倍率1・13倍)だった。  昨年の50人より5人減少した。定員40人の古佐田丘は85人(…
  • 日高地方4市町で成人式

    写真=誓いの言葉を述べる新成人(御坊市)  御坊市と由良、印南、日高川の3町で10日、成人式が行われ、計568人が大人の仲間入りを果たした。新型コロナウイルス感染症の影響で、中止や延期とする自治体があるなか、マスク…
  • 十日えびす 各地で密避けにぎわう

    写真=縁起物を買い求める参拝者に鈴を振って福を招いた(須賀神社)  商売繁盛などを願う「十日えびす」が宵えびすの9日から11日の残り福まで、日高地方の神社でも行われた。今年は各神社とも新型コロナ感染症対策を徹底し、…
  • 県立医大附属病院が2月から膵がんドック開設

    写真=最新鋭の超音波内視鏡の説明をする蘆田講師(手前)と北野教授  和歌山市の県立医科大学附属病院は2月1日、膵(すい)がんの早期発見と治療を目的とした「膵がんドック」を開設する。膵がんは一般的な健診では見つかりに…
  • 美浜町入山の観音さん 165年ぶりにお堂再建

    写真=棟が上がった観音堂  美浜町和田の入山で、毎年4月の会式に餅投げなどが行われ、地域の住民に「観音さん」として親しまれている入山観音堂の建て替え工事が進んでおり、8日に棟上げが行われた。  入山観音堂は入…
  • 県内コロナ感染 3日連続で最多更新

     全国的に新型コロナウイルスの感染が急拡大しており、県でも7日、過去最多となる男女21人の感染を新たに確認したと発表された。最多更新は3日連続で、帰省や県外への往来による家族内感染が広がっている。御坊保健所管内では日高振…
  • 今冬一番の寒波 奥日高で積雪

    写真=寒川地内の積雪(撮影=近藤雄一)  この冬一番の強い寒波が流れ込んだ影響で、県内も8日、各地で厳しい冷え込みとなり、日高地方の山間部は雪が積もった。今後も10日ごろにかけて引き続き強い冬型の気圧配置となる見込…

フォトニュース

  1. ボクらも癒やされます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る