カテゴリー:社会

  • フェスタ・ルーチェ始まる

     〝本当のクリスマスに出逢える〟イルミネーションイベント「フェスタ・ルーチェ」が、和歌山市毛見の和歌山マリーナシティで始まった。3年目の今回は来年3月1日まで、前回より2日長い88日間。北欧の冬をイメージし、オーロラショ…
  • スターチス 出荷作業本格スタート

     日本一の生産量を誇るJA紀州の特産スターチスが、本格的に出荷シーズンを迎えている。ハウスでは色とりどりのスターチスが鮮やかに色づき、生産農家は収穫、出荷作業に大忙し。今年は栽培初期の気温が高く、生育は遅めだが、11月に…
  • 印南の東光寺の「かえる寺」が人気

     印南町印南、西山浄土宗東光寺(嶋田隆道住職)が、まちの発展への願いを込めて作ったオリジナルお守り「かえる守」が人気となっている。同町シンボルのかえる橋のかわいいイラスト入りで、「無事帰る(交通安全)」「若返る(健康長寿…
  • ねんりんピック機に俳句愛好家が交流

     神奈川県茅ケ崎市俳句連盟の清水呑舟会長(77)が9日、友人の御坊市塩屋町北塩屋、井口研一さん(67)を通じて日高地方を訪れ、俳句愛好家の御坊市薗、黒田ひろしさん(84)と同市湯川町財部の中村ヨシオさん(83)を交えた4…
  • 74年前のB29墜落 龍神村殿原に歌碑建立

     戦時中、田辺市龍神村殿原地内に墜落したB29乗組員のアメリカ兵への思いや不戦への願いを込めて、故古久保滿璃子さん(享年79)が作った歌「殿原の祈り」を後世に語り継ごうと、同地の有志が「連合将士の慰霊碑」の横に歌碑を建立…
  • JR南部駅前でパン祭り

     みなべ町商工会の「みなべしょくどう」が9日、JR南部駅前で開催され、昼の「まちのパン祭り」、夜の「みなべしょくどう」とも大盛況となった。  パン祭りは町内外の15店が出店。午後1時のオープン前から350人以上…
  • 美浜の煙樹ケ浜でチャリティーイベント

     美浜町の煙樹ケ浜多目的広場で10日、子どものためのチャリティーイベント「umine」ミュージックフェス×エンタメマーケットプレス(音楽グループRISKY主催)が開催され、多くの家族連れらでにぎわった。  「さ…
  • ねんりんピック紀の国わかやま開幕

     第32回全国健康福祉祭和歌山大会「ねんりんピック紀の国わかやま2019」は9日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で、約2万人が参加して総合開会式が行われ、開幕した。各都道府県と政令指定都市の選手団約1万人が堂々と入場行…
  • みなべ町と京大がVRで製炭技術継承へ

     京都大学とみなべ町の協働で、VRゴーグルを使って紀州備長炭の伝統的な技術を継承する取り組みが行われており、7、8の2日間、町役場職員の協力で実証実験が行われた。  京都大学農学部農村計画学研究室は、実体験に近…
  • UME-1フェスタ ポスターデザイン決まる

     来年2月9日に開催されるみなべ町の「UME―1フェスタin梅の里みなべ」のポスターなどに使用するデザインが決まった。高校生を対象に募集し、神島高校3年の中川璃子さんの作品が最優秀賞に選ばれた。  ポスターデザ…

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る