カテゴリー:政治・経済

  • 南紀白浜空港で民営化記念式典

     南紀白浜空港(白浜町)の民間運営が1日からスタートし、空港で記念式典が行われた。運営する会社は㈱南紀白浜エアポート(白浜町才野、岡田信一郎代表取締役社長)。式で岡田社長が「国内外のチャーター便の増加、新規路線の確保を進…
  • 大和歯車が新工場増設へ

     日高川町平川に工場を持つ精密歯車製造の大和歯車製作株式会社(津井克巳代表取締役社長・本社=東大阪市)が、現第2工場の南隣に新たな工場を増設する。航空機事業の顧客ニーズに対応するための増設で、地元を中心とした正社員雇用は…
  • 県議選 選挙サンデーに御坊市の2候補走る

    県議選は2日、早くも中盤入り。御坊市選挙区は共産党新人の楠本文郎候補(64)と自民党現職の中村裕一候補(59)が激しい舌戦を繰り広げている。期間中唯一の“選挙サンデー”となった31日は、両候補とも市内全域で街宣、…
  • 県議選 日高郡の4候補も票求め奔走

     県議選日高郡選挙区(定数3)では、花田健吉(60)、冨安民浩(71)、坂本登(72)、玄素彰人(45)の4候補がくまなく街宣カーを走らせ、激しい舌戦を展開中。31日の選挙サンデーでは、街頭での演説や握手でのスキンシップ…
  • 県議選 日高郡市はダブル決戦

     任期満了に伴う県議選が29日告示され、御坊市選挙区は共産党新人で元御坊市議の楠本文郎氏(64)と、9選を目指す現職中村裕一氏(59)が立候補。日高郡選挙区は自民党現職花田健吉(60)=、自民党現職冨安民浩(71)、自民…
  • ヨシダエルシスの新社屋が完成

     御坊市藤田町吉田、ヨシダエルシス株式会社の新社屋が完成し、28日には関係者を招いて見学会と祝賀会が開かれた。4月4日から業務を開始する。  現社屋は築43年が経過しており、新築した。鉄骨造り3階建て、延べ床面…
  • 県議選29日告示 日高郡市はともに選挙戦へ

     県議選はきょう29日告示され、9日間の舌戦がスタートする。御坊市選挙区は、自民党現職と共産党新人が名乗りを挙げており、8年ぶりの選挙戦がほぼ確実。日高郡選挙区は定数3人に対して現職3人、新人1人の4人が出馬の構えで、2…
  • 御坊沖に洋上風力発電計画

     大型再生可能エネルギー発電事業を展開するパシフィコ・エナジー㈱(東京都港区)が、御坊市、日高町、美浜町の沖合に「和歌山西部洋上風力発電事業(仮称)」を計画している。事業の検討段階となる環境保全の配慮事項をまとめた「計画…
  • 由良町が農業の短期就業体験を事業化

     由良町は、来年度の新規事業で短期農業就業体験(インターンシップ)支援事業を行う。町内外の就農希望者に対して町が認定農業者らをマッチングし、無料で最大10日間の農業体験をしてもらう独自の取り組み。同町ではかんきつ類の栽培…
  • 世耕大臣が下請取引適正化に意欲

     和歌山市のホテルグランヴィア和歌山で県と中小企業庁が主催の「下請取引適正化推進シンポジウム」が開かれ、県内の中小企業経営者ら約430人が出席。世耕弘成経済産業大臣も顔をみせ、昨年7月、和歌山県と経産省が全国で初めて結ん…

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る