カテゴリー:政治・経済

  • 県が御坊でIR説明会開く

     御坊商工会館で23日、県が推進するカジノを含む統合型リゾート(IR)の説明会が開かれ、日高地方各市町の行政職員、議会議員、商工事業者、医療法人関係者ら約130人が参加した。  県が誘致を目指すIRは、多種多様…
  • 由良町の家賃補助事業が好評

     2016年度からスタートした由良町の町内民間賃貸住宅家賃補助事業は18年度末現在、16組の利用があり、順調に増えている。新婚世帯を対象に、住宅の家賃を補助率2分の1で月額最大2万5000円、5年間を期限に合計150万円…
  • 5月1日 印南町も婚姻届等の臨時窓口開設

     平成から令和に改元となる5月1日、印南町でも婚姻届と出生届の受け付け窓口を臨時開設する。  記念日に合わせ、届け出が増えることが予想されるため、本来は祝日で閉庁となるところ、役場1階住民福祉課の窓口に担当職員…
  • 由良の水越峠改良 概略ルート等の検討開始

     国土交通省近畿地方整備局が本年度から、由良町と広川町を結ぶ水越峠の国道42号改良に向けた概略ルートなどの調査、検討をスタートさせた。急こう配、急カーブが続く交通の難所で、地元住民から強い改良の要望が出ていた。今回の調査…
  • 県議選御坊市 楠本氏が一夜明け抱負

     県議選投開票から一夜明けた8日朝、御坊市選挙区で自民党現職を破って初当選を飾った共産党新人の楠本文郎氏(64)が激しい選挙戦を振り返り、抱負を語った。  二十数件の電話と30件のメールで祝福を受けたといい、「…
  • 5月1日 御坊市が婚姻・出生届の臨時窓口開設

     平成から令和に改元となる5月1日、御坊市は婚姻届と出生届の受け付け窓口を開設する。午前8時半から午後5時15分まで。  メモリアルデーに合わせて届け出が増えることが予想されるため、本来は祝日で閉庁となるが、1…
  • 県議選 御坊市は楠本氏が接戦制す

    注目の県議選に7日、有権者の審判が下った。8年ぶりの選挙戦で激戦となった御坊市選挙区(定数1)は、共産党新人で元御坊市議の楠本文郎氏(64)が6193票を獲得し、自民党現職で8期のベテラン中村裕一氏(59)の5946票に…
  • 県議選 7日投開票

     任期満了に伴う県議選はきょう7日、有権者の審判が下る。御坊市、日高郡両選挙区とも、おおむね午後9時半ごろには大勢が判明しそう。  御坊市選挙区は定数1に対して共産党新人で元御坊市議の楠本文郎氏(64)と自民党…
  • みなべ町のコミバス 利用者2割減少

     みなべ町を走っているみなべコミュニティバス(コミバス)の利用者が年々減少し、2018年度の年間利用者数は本格運行を始めた07年度以降で最少の3862人だったことが、町のまとめで分かった。前年度比20%減、ピークだった0…
  • 御坊市が10年ぶりに要覧作成

     御坊市は、市勢要覧を10年ぶりに作成した。2000部作り、視察等で御坊市を訪れた人らに配布する。  A4判、24㌻、フルカラー。6代目宮子姫を務めた森本里奈さんがモデルとなり、進学で県外に出ていた女性が地元に…

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る