カテゴリー:政治・経済

  • 日高町が温泉館誘客に本腰

     日高町は今年度、入館者の減少が続いている方杭の温泉館「海の里 みちしおの湯」の活性化に力を入れる。2018年度の来館者数は3万9074人で、ピークだった01年度の約4割にまで減少。対策では海水浴客らが入浴に訪れる夏場に…
  • プレミアム付商品券 日高地方7市町は20%お得に

     国は10月1日の消費増税に伴い、低所得者や3歳までの子育て世帯向けのプレミアム付商品券の制度を実施。日高地方の購入対象は合計約2万人で、7市町がプレミアム率20%で足並みをそろえる方針だ。印南町はトップを切って、6月3…
  • 日高川町の防災センターが竣工

    日高川町小熊に建設された町防災センターの竣工式が18日、現地で行われた。久留米啓史町長をはじめ県議、町議、区長、消防団員ら関係者約120人が出席。久留米町長は式辞で新たな「防災、減災態勢の拠点…
  • 県議会新議長に岸本氏

    県議会臨時会は17日、正副議長選を行い、投票の結果、新議長は自民党県議団の岸本健氏(48)=紀の川市=、新副議長には同じく自民党県議団から森礼子氏(50)=和歌山市=が選出された。 正副議長の任期は慣例によ…
  • 仏のIR事業者が和歌山市に事務所開設

     フランスの大手IR事業者「グループ・ルシアン・バリエール」が14日、県のIR誘致候補地の和歌山マリーナシティ(和歌山市毛見)で記者会見を開き、同市内に日本初となる事務所を開設したと発表した。公式ブランド大使には、ハリウ…
  • 印南町の防災ドローン隊が発足

     印南町はドローンの操縦技術者資格を取得している職員20人で、町防災ドローン隊を結成した。  町では2017年度に10人、18年度に10人の合計20人が操縦技術者資格を取得。所有している3機のドローンの活用へ5…
  • 志師会パーティー 二階会長が決意

    自民党政策集団、志帥会(会長=二階俊博自民党幹事長)のパーティーが9日、東京のホテルニューオオタニで開かれた。二階会長は会場を埋め尽くした5000人以上を前に、「皆さんと手を取り合って日本の政治をいい方向へ進める」と力強…
  • 文科省幹部が印南の学校空調工事現場視察

     全国の公立小中学校等の教室を対象に、国が進めている空調設備設置に関して23日、文部科学省の職員が印南町の小学校の工事現場を視察した。  同町によると、昨年夏、日裏勝己町長が子どもの熱中症対策、学習環境改善へ国…
  • 県が御坊でIR説明会開く

     御坊商工会館で23日、県が推進するカジノを含む統合型リゾート(IR)の説明会が開かれ、日高地方各市町の行政職員、議会議員、商工事業者、医療法人関係者ら約130人が参加した。  県が誘致を目指すIRは、多種多様…
  • 由良町の家賃補助事業が好評

     2016年度からスタートした由良町の町内民間賃貸住宅家賃補助事業は18年度末現在、16組の利用があり、順調に増えている。新婚世帯を対象に、住宅の家賃を補助率2分の1で月額最大2万5000円、5年間を期限に合計150万円…

フォトニュース

  1. より安全、快適になりました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る