カテゴリー:政治・経済

  • 衆院選和歌山3区 3人が出馬へ

     野田佳彦首相が14日の党首討論で16日に衆院解散を表明。 これを受けて政府・民主三役会議が衆院選の日程を12月4日公示、 16日投開票に決定した。 いまのところ和歌山3区では自民党現職の二階俊博 (73) =市内島・…
  • 紀南最終処分場 一部事務組合発足へ

     みなべ町など紀南地方11市町村から出る一般廃棄物と産業廃棄物の最終処分場の計画を進めている紀南の11市町村と県は14日に田辺市の西牟婁総合庁舎で会合を開き、 紀南広域廃棄物最終処分場整備協議会を設置した。  平成20年…
  • 仁坂知事が紀南の市町村長と懇談

     県の平成25年度新政策に関する仁坂吉伸知事と紀南地方市町村長との懇談会が30日、 田辺市で開かれた。 市町村長からは大規模災害への備えに対する質問が相次ぎ、 日高地方の首長も気象警戒情報の発信方法の改善や高速SAの防災…
  • 県のがん対策推進条例案まとまる

     県議会が議員提案による制定を目指すがん対策推進に係る条例の条例案がまとまった。 県民や専門家の意見を取り入れた結果、 患者へのがん告知の際のセカンドオピニオン (主治医以外の医師など専門家の意見を聞く) 制度等の説明義…
  • 県が25年度新政策を発表

     県は24日、 平成25年度の新政策と予算編成方針を発表した。 新政策は 「安全」 「安心」 「挑戦」 の3つをキーワードとし、 「安心」 の政策では新たな看護師養成所の設置支援、 脱法ハーブ販売規制条例制定等による薬物…
  • 日高川のチョコのたにぐち 新工場建設へ

     日高川町和佐、 チョコレート製造メーカー㈱たにぐち=本社大阪市東住吉区、 谷口壽社長=の日高川工場新築工事の地鎮祭が23日、 現地で行われた。 同社は平成元年に県と旧川辺町が誘致した企業で、 新工場の建設によってオーナ…
  • 県が建物制限条例の説明会開く

     巨大地震発生時、 揺れで倒壊して津波からの避難路をふさぐ恐れのある建物について、 所有者に撤去や耐震化を求めることができる県の新たな条例の初の説明会が19日、 和歌山市内のホテルで開かれ、 津波浸水想定区域のある沿岸1…
  • 大洋化学が自社ブランドLEDの販売開始

     ことし1月からLED照明の製造を行っている市内島、 大洋化学㈱ (上西一永社長) が、 明るく、 長持ち、 経済的な新製品を開発し、 自社ブランド 「Lino (リノ)」 の名称で販売を開始した。 自社ブランドのLED…
  • 御坊市の公共下水 接続率が低迷

     県県土整備部河川・下水道局下水道課は、平成23年度末の市町村別汚水処理人口普及率を公表した。日高地方では、日高町が92・9%で2年連続の県内トップ。3位に88・0%で美浜町が入った。  汚水処理人口普及率は、総人口のう…
  • 世耕氏 政経セミナーで政権奪還誓う

     自民党参議院政策審議会長、 世耕弘成氏 (50) の政経セミナーが12日、 大阪市内のホテルで開かれ、 和歌山を中心に約1400人の支持者が詰めかけた。 政界の師と仰ぐ安倍晋三元首相の総裁選勝利、 親友のノーベル賞受賞…

フォトニュース

  1. ありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る