カテゴリー:政治・経済

  • 御坊市が26~28年度の総合実施計画発表

     御坊市は19日、第4次総合計画前期事業計画に基づく実施計画(平成26年度から28年度末)を発表した。防災、福祉、建設、教育関係などの85事業(新規21、継続64)があり、うち新規の主な事業としては商店街活性化に向けた空…
  • 大橋市長が不出馬表明 仁坂知事「???」

     和歌山市の大橋建一市長(67)が16日、来夏の次期市長選に出馬しない意向を表明したことに関し、仁坂吉伸知事は19日、「基本的には本人の考えを尊重しなければいけないが...」としながらも、支援者集会の場での突然の不出馬表…
  • 南部川河川敷に多目的広場整備へ

     みなべ町は気佐藤地内の南部川河川敷にグラウンドゴルフができる多目的広場を建設する。グラウンドゴルフは近年、高齢者を中心に競技人口が増加しているが、町内には十分に練習できるスペースが少ないことに対応。愛好者からも整備を望…
  • 世耕官房副長官が日高地方入り

     世耕弘成内閣官房副長官が9日、7月の参院選後初めて日高地方入りし、圧倒的勝利のお礼を兼ね、各市町の後援会会員らに安倍晋三総理を支える超多忙な官邸の日々を報告した。由良町(上道一郎後援会会長)では東京五輪招致決定について…
  • 日高川町議選 来年4月20日

     来年4月30日に任期満了を迎える日高川町議選は、8日に開かれた選挙管理委員会で4月15日告示、20日投開票と決まった。平成17年5月の日高川町誕生後3回目の選挙で、今回から定数が現在の16から12に削減。現時点では、現…
  • 印南に龍谷ソーラーパーク完成

     印南町本郷地内の町有地「外ケ濱埋め立て地」と美里地内の県畜産試験場跡地で進められていたメガソーラー計画「龍谷ソーラーパーク」の竣工式が5日、外ケ濱で行われ、関係者60人が出席して無事完成を祝った。今月下旬には全面稼働す…
  • 日高郡4町クラウド1月運用開始

     美浜、日高、由良、日高川の4町が合同で導入を目指している情報管理システムの共同利用「自治体クラウド」は、来年1月の運用開始に向けて準備が進められている。  自治体クラウドは、庁内のサーバーに保存している情報管理システム…
  • 印南のメガソーラー 11月5日に竣工式

     印南町本郷地内の町有地「外ケ濱埋め立て地」と美里地内の県畜産試験場跡地で進められているメガソーラー計画「龍谷ソーラーパーク」の建設工事が完了し、11月5日午後1時から竣工式が行われる。  印南町と龍谷大学、民間企業など…
  • 御坊市が空き店舗活用企業に助成検討

     御坊市は、来年度の新規事業で商店街の空き店舗を活用して店を出す起業家を対象に助成制度を創設するよう進めている。詳細は調整中だが、家賃と改修費用に対して限度額を設けて2分の1程度を補助。商店街では高齢化や後継者不足で空き…
  • 県とインドのマハラシュトラ州が覚書締結

     仁坂吉伸知事は今月6日から11日までインドを訪問し、日系企業も多い経済都市ムンバイを州都とするマハラシュトラ州と和歌山県との間で、観光交流や企業間協力などに関する覚書を締結した。  マハラシュトラ州の人口は、和歌山県の…

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る