カテゴリー:政治・経済

  • 日高町が国の交付金を不正受給

     日高町は31日、町道改良事業に関して、国からの交付金約7300万円を不正に受給していたと発表した。橋架け替え等の工事が進んでいないにもかかわらず、担当職員が予定通り完了したとして、工事請負契約書等を偽造。その書類を県に…
  • 印南町 ICTスマートタウン構想推進へ

     印南町は国の新型コロナウイルス経済対策の2次補正予算を活用した支援策案をまとめ、独自の施策として「印南町ICTスマートタウン構想」を打ち出した。  コロナ禍の新しい生活様式の実現に向けて、1世帯に1台のカメラ…
  • 御坊市がコロナ対策本部会議開く

     御坊保健所管内での新型コロナの感染確認を受けて、御坊市は27日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、これまでの状況と今後の対応を確認した。  初めに本部長の三浦源吾市長が「これまでに引き続き感染拡大防…
  • みなべ町議会が小谷町長にコロナ対策申し入れ

     みなべ町議会は27日、国の2次補正に伴う新型コロナ対策について、小谷芳正町長にさらなる町独自の経済支援等を申し入れた。全国で感染が拡大し、県内でも増えていることから、2次補正で町に充てられた約3億円の使途として、事業持…
  • 紀伊半島3県知事がウェブ会議

     和歌山、奈良、三重の3県知事が広域的な課題について話し合う紀伊半島知事会議が9日、ウェブ会議形式で開かれ、観光や防災、地方創生などで一層連携を深めていくことを確認した。コロナ禍の観光振興は3県民限定の誘客キャンペーンの…
  • 世耕氏が由良の近大クエ養殖場を視察

     近畿大学理事長を務める自民党の世耕弘成参議院幹事長が5日、由良町を訪れ、「近大クエ」を養殖している戸津井漁港などを初めて視察した。5年目に入った同漁港沖にあるいけすでの養殖が、水がきれいで順調であることを確認。「地域活…
  • 美浜と由良で新副町長就任

    美浜町と由良町で1日、新しい副町長が就任した。美浜町は石塚和夫氏(64)=御坊市野口=、由良町は岡本圭剛氏(63)=和歌山市木ノ本=で、いずれも元県職員。先月の町議会6月定例会で承認された。同日、辞令交付式、就任…
  • 御坊の三浦市長 新庁舎建設は計画通り

     御坊市議会6月定例会は30日、一般質問が行われ、三浦源吾市長は計画を進めている新庁舎建設について、あらためて経緯を尊重し、計画通り進めていく考えを示した。松屋久紀、宮路雅仁両議員が新型コロナウイルスの経済への影響や巨額…
  • 二階幹事長 国土強靭化対策延長に意欲

     自民党の二階俊博幹事長が29日、御坊市島の事務所で記者会見を行い、今年度で3カ年の計画が終了する国土強靭化緊急対策を、予算規模を拡大したうえで来年度以降も延長するよう、自身が本部長を務める同党国土強靭化推進本部で決議し…
  • 由良町議会 岡本氏の副町長選任案に同意

     由良町6月議会は最終日の29日、議案審議を行い、元県職員岡本圭剛(よしたけ)氏(63)=和歌山市木ノ本=の副町長選任同意案を全会一致で承認した。  前副町長の宮下幸一朗氏が3月末で辞任して以来、不在となってい…

フォトニュース

  1. ちょっと遅くなりましたが

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る