カテゴリー:政治・経済

  • 御坊市の庁舎建て替え 9月5日に起工式

    写真説明=出来上がった新庁舎北側外観イメージ  庁舎の建て替え計画を進めている御坊市は、23日の議会新庁舎建設特別委員会(西本和明委員長)で、実施設計の進捗(しんちょく)について説明。9月5日に起工式を行うスケジュ…
  • 印南町議選 2人目の新人が名乗り

     8月3日告示、8日投開票の印南町議会議員選挙(定数12)で21日、新人の谷章資氏(68)=印南原=が出馬を表明した。  町議選に向けては去る17日、現職の夏見公久氏(71)の後継として新人の黒井美晴(みはる)氏(…
  • 県議会一般質問 元素議員が公用車の使用率低迷を追求

     県議会一般質問は18日、日高郡選出の玄素彰人議員(自民党)が、県所有の公用車の使用率が低迷する現状を指摘し、厳しく改善を求めた。  玄素議員から公用車の使用率や年間経費の質問を受けて田村一郎総務部長が説明。それに…
  • 御坊クリーンセンター 整備計画を改定

     御坊広域行政事務組合(管理者=三浦源吾御坊市長)は、次期御坊クリーンセンター(熊野)の整備方針をまとめた汚泥再生処理センター施設整備基本計画について、新施設完成後、速やかな現施設撤去や土地の造成方法の見直しを盛り込んだ…
  • ワクチン接種対応に苦慮

     日高郡町村会(会長=松本秀司日高町長)の定例会が10日開かれ、新型コロナウイルスワクチン接種の対応などについて意見交換した。  厚生労働省は現在65歳以上の高齢者らを対象に優先接種している米ファイザー社製のワクチ…
  • ワクチン接種 仁坂知事が議会で決意

     県議会6月定例会は8日開会し、仁坂吉伸知事が行政報告で新型コロナウイルス対策について「気を緩めることなく、『県民の命と暮らしを守る』という強い決意を持って、総力戦で取り組む」と決意を示した。  県内でもコロナ第4…
  • 中学3年以下にコロナ支援金

    写真=上程議案を説明する三浦市長  御坊市は4日、11日開会の議会定例会に提出する報告5件、議案19件を発表。一般会計補正予算案では新型コロナ対応型地方創生臨時交付金事業で、感染症対策を中心に8事業計9280万円を…
  • 県が117億円の補正予算提案へ

     県議会6月定例会は8日午前10時から開会する。  2021年度一般会計補正予算案は117億2558万9000円を追加。新型コロナ対策では、医療提供体制の強化として現在最大470床の病床数を530床に増やす費用に5…
  • IR カナダの事業者が優先権者候補に決まる

     県が和歌山市毛見のマリーナシティへの誘致を進めているカジノを含む統合型リゾート(IR)で、県はカナダに本拠地を置く投資会社を運営事業者の優先権者候補に選定した。  県の事業者選定をめぐっては、カナダに本拠地を置く…
  • 日高川の久留米町長が2期目初登庁

    写真=役場前で女性職員から花束を贈られる久留米町長  先の日高川町長選で無投票当選となった久留米啓史町長(65)は31日が2期目のスタートで、職員と支持者ら約100人の出迎えを受けて登庁した。  訓示式では、…

フォトニュース

  1. 気軽にご利用、ご来場ください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る