カテゴリー:政治・経済

  • 由良町がコロナで地元住民向け宿泊クーポン販売

     由良町は1日から、町内の旅館や民宿で利用できるプレミアム食事付宿泊券「ステイYURAクーポン」の販売を始めた。対象は町内在住・在勤者で、町は「地元の旅館の良さや料理のおいしさを知ってもらい、町外の人に発信してほしい」と…
  • みなべ町長選 小谷さんが無投票4選

     任期満了に伴うみなべ町長選(町議と同時)が29日告示され、現職小谷芳正氏(71)=筋=以外に立候補者はなく、小谷氏の無投票の4選が決まった。気佐藤地内の選挙事務所では祝勝会が開かれ、小谷氏はくす玉割りや万歳三唱で支持者…
  • みなべ町議選は各地で舌戦

     定数14に対して現職12、新人3の15人が立候補し、舌戦がスタートした町議選は早くも中盤入り。各候補とも街宣車を走らせて町内をくまなく回り、お願いコールを響かせている。  現在の情勢は「新人が優勢」「下位は団…
  • みなべ町ダブル選 町議は1人超過の選挙戦

     任期満了に伴うみなべ町長・町議ダブル選挙が29日告示され、町議選は定数14に対して予想通り現職12、新人3の15人が立候補(正午現在)し、5日間の舌戦がスタートした。町長選の立候補は現職小谷芳正氏(71)=筋=だけで、…
  • 由良町で教育の在り方考える地区懇スタート

     由良町の小学校の統合について住民から意見を聞く町教育委員会主催の地区懇談会が28日、衣奈小学校体育館で開かれ、保護者や地域住民ら22人が参加した。  昨年7月に実施した教育環境に関するアンケートによると、保護…
  • 美浜の籔内町長ら知事に感謝

     2017年秋に現場着工した西川河川整備事業と間もなく着工する日高港海岸(浜ノ瀬地区)離岸堤整備事業について、美浜町の籔内美和子町長、谷重幸議長、吉田敬西川河川改修事業推進協議会会長、村岡茂浜ノ瀬区長らが25日、県庁に仁…
  • 御坊の有形文化財住宅 所有者に登録証等伝達

     国の有形文化財(建造物)に登録された御坊市湯川町小松原の橋本太次兵衛家住宅(1カ所3件)について26日、文部科学大臣の登録有形文化財登録証と登録プレートが、所有者の一人、橋本千勢子さん(71)=和歌山市=に伝達された。…
  • みなべ町ダブル選 町議は5期連続選挙戦へ

     任期満了に伴うみなべ町長・町議ダブル選は、29日の告示までいよいよあと5日。町長は現職小谷芳正氏(70)=筋=の無投票4選がほぼ確実。定数14の町議は現職12、新人3の15陣営が出馬の構えで、ほかにうわさもなく、このま…
  • 日高町の松本町長 肥大化した課を分割へ

     日高町議会9月定例会は23日、一般質問を行い、3議員が登壇。各議員とも、町道の改良工事に伴って職員が公文書を偽造し、交付金を不正受給していた問題を取り上げた。  トップで登壇した榮茂美議員は「役場組織の体質改…
  • 印南の切目王子 町教委が世界遺産へ本腰

     印南町教育委員会が、由緒ある切目王子史跡(西ノ地)の将来的な世界遺産登録を目指して本腰を入れる。現在、史跡は県指定史跡となっており、世界遺産登録への前段階として、まず国指定史跡を申請する予定。近く提出資料となる地形図な…

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る