カテゴリー:みなべ・龍神

  • みなべの愛之園こども園が起工

     巨大地震による津波の浸水が想定されるみなべ町の愛之園保育園、南部幼稚園、南部保育所の3園を統合し、南道の高台に移転・新設する「みなべ愛之園こども園」の起工式が7日、生涯学習センターで行われた。  キリスト教式…
  • みなべのアカウミガメ産卵 今季は63回

     みなべ町は、今シーズンのアカウミガメの上陸・産卵回数をまとめた。産卵は63回で、過去3番目に少なかった昨年の47回より増加した。  本州最大の産卵地として有名な山内の千里の浜で調査した。町によると、上陸回数は…
  • みなべ町議選に新人山本氏が名乗り

     29日告示、10月4日投開票のみなべ町長・町議ダブル選で、町議選に新たな新人、梅農園代表の山本秀平氏(28)=晩稲=が4日、出馬を表明した。新人の表明は2人目で、出馬の意向を固めている現職12人と合わせてこれで定数(1…
  • GI和歌山梅酒管理委員会が発足

     梅の生産量日本一を誇る和歌山の梅酒として一層ブランド力を高めていこうと、みなべ町で「GI和歌山梅酒管理委員会」が発足した。オール和歌山で製造される「和歌山梅酒」が近く国の地理的表示制度「GI」に指定される見通しとなり、…
  • みなべ町長選 現職陣営が事務所開き

     9月29日告示、10月4日投開票のみなべ町長・町議ダブル選挙へ向け、首長選で4選を目指す現職小谷芳正氏(70)=筋=の後援会(辻村武文会長)は29日、気佐藤地内で事務所開きを行った。  新型コロナ感染予防対策…
  • 梅の抗ウイルス作用 みなべ町が効果検証へ

     みなべ町は28日、梅が新型コロナなどウイルスの増殖抑制に効果があるかどうかの研究を行うと発表した。9月2日開会の議会定例会に関連予算を提案する。検証は、これまで梅が持つ数々の機能性を研究し有効性を証明してきた県立医大の…
  • みなべダブル選 町議は選挙戦が濃厚

     任期満了に伴うみなべ町首長・町議ダブル選挙(9月29日告示、10月4日投開票)に向けて町選挙管理委員会は26日、役場で立候補予定者説明会を開き、首長は現職の小谷芳正氏(70)=筋=の1陣営のみが出席。4期連続の無投票ム…
  • みなべダブル選 首長は無投票か

     9月29日告示、10月4日投開票のみなべ町長、町議ダブル選挙まで約1カ月。町長選に出馬を表明しているのは4選を目指す現職小谷芳正町長(70)=筋=だけで、ほかに対抗馬のうわさもなく、無投票ムードが漂っている。一方、町議…
  • みなべで原爆パネル展

     15日の終戦記念日に合わせ、みなべ町中央公民館(生涯学習センター)で14、15の2日間、パネル展「ヒロシマ・ナガサキ『原爆と人間』」が開かれている。  戦後75年、戦争経験者が高齢となり、体験を語る人も少なく…
  • 松下さんと下﨑さん 17日から2人展

     みなべ町埴田のイラストレーターまつしたきょうこさん(本名・松下恭子)と、同町北道のシルバーアクセサリーデザイナー下﨑精次さんの2人展「シーフォレストに僕は生き」が17日から、上富田町、JR朝来駅前の「Rカフェ」で開かれ…

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る