カテゴリー:みなべ・龍神

  • 地域学校協働活動 みなべ町清川の取り組みに大臣賞

     地域と学校が連携し、地域全体で子どもを育成している活動をたたえる文部科学省の地域学校協働活動文部科学大臣表彰の受賞者が決まり、日高地方ではみなべ町清川小学校(久保井登美校長)と地域が連携した取り組みが選ばれた。清川を考…
  • 22年度から南部高と県農林大が連携へ

    写真=魅力ある南部高校づくりを話す宮崎教育長  県教育委員会の宮崎泉教育長は11日、みなべ町保健福祉センターで開いた県立高校再編骨子案の説明会の中で、南部高校食と農園科で早ければ2022年度から、県農林大学校と連携…
  • みなべ町 飲食店支援のクーポン配布へ

     みなべ町は、新型コロナの影響をもろに受け、苦境に立たされている町内の飲食業を支援するため、全世帯へのクーポン券配布の準備を進めている。今月5日、県飲食業組合みなべ支部の加盟業者らが小谷芳正町長を訪ね、窮状を訴えて支援を…
  • みなべの元桜の名所 急傾斜対策工事進む

    写真=擁壁に生まれ変わった猪之山観音付近の工事完成部分  みなべ町芝地内、花見の名所で親しまれていた猪之山で昨年夏から行われていた県の「猪之山地区急傾斜地崩壊対策工事」の今年度分が、完了した。かつての桜の名所は地域…
  • みなべの鹿島神社で節分の火焚大祈祷

    写真=山伏が般若心経を唱えるなか、炎に神木を入れて成就を願った みなべ町埴田の鹿島神社(亀井隆行宮司)で2日、節分祭が行われ、火焚大祈祷でコロナ終息などを祈願した。  火焚大祈祷は、氏子らが願い事を書いた神木…
  • みなべで認知症予防の集い

    写真=あやとりに夢中になる参加者  みなべ町が認知症予防の一環で今年度から初めて取り組んでいる「思い出話の会」が好評だ。今月14日からスタートし、3月まで全6回行う事業。28日には第2回が開かれ、今回は「子どものこ…
  • みなべ・田辺と能登 世界農業遺産つながりで交流会

    写真=オンラインで能登のメンバーと交流した  世界農業遺産認定地域同士の交流を深めて地域活性化につなげていこうと、みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会梅システムマイスターの有志が17日、石川県のNPO法人能登里山…
  • みなべの梅農家が下津のミカン農家を応援

    写真=下津町でミカンを収穫する中早さん  梅の収穫時期の課題となっている労働力不足の改善へ、県農協青年部協議会長の中早大輔さん(39)=みなべ町西岩代=らが中心となって行っている他産地との労働力交流プロジェクトで、…
  • 十日えびす 各地で密避けにぎわう

    写真=縁起物を買い求める参拝者に鈴を振って福を招いた(須賀神社)  商売繁盛などを願う「十日えびす」が宵えびすの9日から11日の残り福まで、日高地方の神社でも行われた。今年は各神社とも新型コロナ感染症対策を徹底し、…
  • みなべの須賀人がで恒例の火占い

     みなべ町西本庄、須賀神社(前芝弘知宮司)で元日未明、たいまつで今年の稲の作柄を予想する「火占い神事」が行われた。  古くから続いている伝統行事。境内中央に「早生」「中生」「晩生」の札をつけた3本のたいまつが用意さ…

フォトニュース

  1. いまが見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る