カテゴリー:みなべ・龍神

  • みなべの桜の名所 猪之山のソメイヨシノ伐採へ

     みなべ町芝地内、桜の名所として親しまれている猪之山でここ数年、落石などが目立つようになり、県が「猪之山地区急傾斜地崩壊対策工事」を行うことになった。44年前、地元住民有志がソメイヨシノ200本を植栽、長らく町民の憩いの…
  • みなべのウメタ 九州の被災地へ梅干し送る

     みなべ町山内、梅干し製造の㈱ウメタ(泰地祥夫社長)が、豪雨による被害が甚大な九州の被災地に梅干しを届けようと、民間ボランティア団体の紀州梅の郷救助隊(尾﨑剛通隊長)に託した。  ウメタの業務企画室の泰地雄也室…
  • みなべの事故をなくする協議会が街頭啓発

     11日からスタートしたわかやま夏の交通安全運動に合わせ、交通事故をなくするみなべ町民運動推進協議会(会長=小谷芳正町長)は13日、町内のオークワ前で街頭啓発を行った。  同協議会を構成する交通指導員や交通安全…
  • 京都出身の山下さん みなべで農家支援起業

     近年、収穫時期の労働力確保が課題となっている梅産地のみなべ町で、京都出身の山下丈太さん(38)が今年5月から清川に移住し、梅農家に援農者を紹介する会社「アグリナジカン」を立ち上げている。すでに今季は4軒に7人を派遣。地…
  • この赤が人気です

     日本一の梅の産地みなべ町では、実が赤く加工品用に人気が高い「露茜(つゆあかね)」の収穫が行われている。  スモモとウメをかけ合わせた品種で、皮や果肉が赤く、梅酒や梅ジュースも赤くなるのが特徴。加工業者や一般の人か…
  • みなべ町ふるさと納税返礼 青梅は過去最少89ケース

     みなべ町は25日、ふるさと納税の期間限定の返礼品「青梅」の今年の発送件数をまとめた。総数は89ケースで、過去最も少なかった。  青梅の収穫時期に合わせ、5月上旬から6月上旬までの限定返礼品として毎年受け付けて…
  • みなべの上野さん 和大生にリモートで梅の里の魅力伝える

     みなべ町の魅力を伝える「まちキャンパスプロジェクト」のチームリーダー上野章さん(48)が、和歌山大学観光学部の出口竜也教授ゼミ2年生のリモート授業で講師を務めた。学生たちが梅の収穫を体験する予定だった清川地内の園地から…
  • みなべのこども園 22年春開園へ秋にも着工

     みなべ町が東吉田と南道にまたがって工事している防災拠点エリアに、新しく幼保連携型認定こども園「みなべ愛之園こども園」が整備される。南海トラフの巨大地震による津波被害を懸念し、海岸沿いにある愛之園保育園、南部幼稚園、南部…
  • みなべの梅収穫を海南のミカン農家が支援

     梅の収穫時期の大きな課題となっている労働力不足改善へ向けて、県農協青年部協議会長の中早大輔さん(38)=みなべ町西岩代=らが中心となって、JA青年部員同士の労働力交流を実践している。JAながみね青年部員でミカン農家の男…
  • みなべの東農園で恒例の黄梅祭

     みなべ町東本庄、梅加工業の株式会社東農園(東善章社長)で11日、梅に感謝する収穫祭「黄梅祭(こうばいさい)」が行われた。  毎年、交流がある日本三大祭りの一つ、天神祭で有名な大阪天満宮の宮司や巫女らが訪れて同…

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る