カテゴリー:事件・事故

  • 高女の石像損壊 御坊の男子高校生送検

     御坊市塩屋町南塩屋の日高港塩屋緑地「Sioトープ」内にある水木しげるが描く「ゲゲゲの鬼太郎と和歌山の妖怪像」の一つ「高女(たかおんな)」の石像が根本から折られて投棄された事件で御坊署は16日、御坊市内に住む10代後半の…
  • 御坊署管内で電子マネー被害相次ぐ

     御坊署管内で、プリペイドカード型の電子マネーギフト券を悪用し、電子マネーをだまし取る特殊詐欺が相次いでいる。8月中に3件合わせて600万円近い被害が発生。9月に入っても詐欺の電話やメールがあり、注意を呼びかけている。 …
  • 和歌山市の殺人事件容疑者逃走 御坊署管内も警戒続く

     和歌山市の建設会社で男性従業員4人が拳銃で撃たれ、うち1人が死亡した事件で、県警は同社経営者の二男、溝畑泰秀容疑者(45)を殺人等の疑いで全国に指名手配(写真=県警提供)。事件翌日の30日、御坊署管内でも警戒が続いてい…
  • 西ノ地のコンビニ強盗未遂 いまだ犯人捕まらず

     印南町西ノ地のコンビニで起きた強盗未遂事件は、発生から丸1日が過ぎた20日朝も、いまだ犯人の男は捕まっておらず、御坊署が捜査を続けている。  事件は19日午前3時ごろ、国道42号沿いのファミリーマート切目口店にパンスト…
  • 由良の海で大阪の男性溺れ死亡

     12日昼、由良町戸津井の海で友人らと泳ぎに来ていた大阪市の男性が溺れ、心肺停止の状態で病院に搬送されたが、死亡した。  亡くなったのは大阪市港区の契約社員、樫原幸一さん(36)。現場は戸津井大橋南詰めから西約100㍍、…
  • Sioトープの妖怪盗まれる

     御坊市塩屋町の日高港塩屋緑地「Sioトープ」内にある水木しげるが描くゲゲゲの鬼太郎と和歌山の妖怪像の一つ、「高女(たかおんな)」の石像が何者かに持ち去られ、関係者が御坊署に被害届を提出した。  2日にSioトープ内を確…
  • 御坊の男性還付金詐欺で百数十万円被害

     御坊市で5日、70代の男性が市役所や金融機関をかたる男から100万円を超える現金をだまし取られた。  御坊署によると、同日午前11時ごろ、御坊市内の男性宅に市役所をかたった「税金の払いすぎがあります。銀行の人からの連絡…
  • JR和佐駅で列車事故 男性死亡

     30日午前10時54分ごろ、日高川町和佐のJR紀勢線和佐駅構内線路上で上り特急列車に男性がひかれ、心肺停止の状態で御坊市内の病院に搬送されたが、事故から約1時間後の11時50分に死亡が確認された。列車は京都駅発新宮駅行…
  • 印南 公衆トイレで盗難被害

     印南町若もの広場のトイレで、掃除道具等の盗難被害が相次いでいる。町教育委員会によると、盗難は半年ほど前から起きているとみられ、掃除道具のほか、トイレットペーパーや消臭剤、水道の蛇口も盗まれ、補充しては無くなることを繰り…
  • 自転車と箱バン衝突

     24日朝、美浜町和田の県道御坊由良線で自転車と軽の箱バンが衝突。自転車に乗っていた日高町の高校3年男子生徒が頭を強く打って病院に救急搬送された。命に別条はないという。  現場は御倉橋から西約200㍍で、午前8時10分ご…

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る