カテゴリー:事件・事故

  • 龍神の殺人・死体遺棄 身元判明で驚きの声

     田辺市龍神村柳瀬の県道脇で男性の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、被害者の身元が同村安井の大工場谷忠善さん(50)だったと判明したことで、地元では「村外の人だと思っていた。まさか龍神の人だったとは...」と驚きの声…
  • 龍神の殺人・死体遺棄 被害者は地元の男性

     田辺市龍神村柳瀬の県道脇でシートにくるまれた死体が見つかった殺人・死体遺棄事件で被害者の身元が判明し、同市龍神村安井の大工場谷忠善さん(50)だったことが分かった。  右手に着けていたブレスレットの写真を新聞やテレビで…
  • 龍神村の山に男性の遺体 殺人事件で捜査へ

     10日午前11時20分ごろ、田辺市龍神村柳瀬の県道沿い山の斜面でブルーシートにくるまれた男性の遺体が見つかり、右肩に刺された跡があった。田辺署内に捜査本部を設置し、殺人・死体遺棄事件として調べを進めている。地元では「犯…
  • 日高川の元JA職員を横領容疑で再逮捕

     顧客から預かった現金900万円余りを貯金口座に入金せず着服したとして、御坊署は25日、JA紀州中央川辺支所(現JA紀州川辺支店)の元支所長代理で日高川町若野の農業、坂口浩德容疑者(54)を業務上横領の疑いで再逮捕した。…
  • 御坊署 元JA職員を横領容疑で逮捕

     顧客から預かった現金56万円を貯金口座に入金せず着服したとして、御坊署は5日、JA紀州中央川辺支所(現JA紀州川辺支店)の元支所長代理で日高川町若野の農業、坂口浩德容疑者(54)を業務上横領の疑いで逮捕した。容疑を否認…
  • 御坊の民家火災 遺体の身元判明

     御坊市湯川町財部で起きた民家火災で、御坊署はDNA鑑定や遺族確認の結果、亡くなった男女2人の身元がこの家に住む無職の井ノ口幸一さん(80)と妻のイツ子さん(81)と判明したと6日までに発表した。火災は5日早朝に発生。鉄…
  • 御坊で民家火災 2人死亡

     5日早朝、御坊市湯川町財部で民家火災があり、火は通報から約1時間後に消し止められたが、焼け跡から男性1人の遺体が見つかり、女性1人が心肺停止状態で病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。住民の80代夫婦と連絡が取…
  • 日高港、不当立ち入りで釣り人検挙

     立ち入り禁止区域になっている岸壁に入ったとして、御坊署は11日、田辺市に住む会社員で30代の男を軽犯罪法違反の疑いで検挙した。同署によると、男は同日午後11時55分ごろ、正当な理由のない立ち入りを制限している御坊市塩屋…
  • ネットで爆破予告 田辺の会社員を容疑で逮捕

     インターネット上で田辺市内の小学校を爆破するという予告があった件で田辺署は1日、同市上秋津、会社員泉宏樹容疑者(41)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。  調べによると、泉容疑者は27日午後11時ごろ、民間放送局がインタ…
  • 御坊で民家全焼、1人焼死

     13日夕方、御坊市藤田町吉田266、会社員原太志さん(42)方から出火。市消防隊が出動し、約1時間半後に鎮圧したが、木造2階建て瓦ぶき約150平方㍍を全焼し、翌14日朝、焼け跡から1人の遺体が発見された。原さんの母照子…

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る