カテゴリー:事件・事故

  • 落書き容疑の御坊の少年を書類送検

     住宅や倉庫の壁などにスプレーで繰り返し落書きしたとして、御坊署は12日、御坊市内に住む15歳の少年を器物損壊の疑いで和歌山地方検察庁田辺支部に書類送検した。  調べによると、少年は昨年11月からことし1月末までの間、御…
  • 御坊署 だまされたふり作戦で詐欺未遂容疑の男逮捕

     警察官を装って御坊市の80代女性から現金をだまし取ろうとしたとして、御坊署と県警本部機動捜査隊の合同捜査班は23日、だまされたふり作戦で住居不定、無職の男(27)を詐欺未遂の疑いで現行犯逮捕した。  調べによると、男…
  • 美浜町の製材所で昼火事

     ゴールデンウイーク最終日の7日昼、美浜町田井の製材所で火災があり、消防や警察が出動。乾燥注意報が発令されるなか火は燃え広がり、懸命な消火活動で約2時間半後に消し止めたが、製材所内のおがくず置き場と倉庫部分をほぼ全焼した…
  • みなべで朝火事 民家全焼

     2日午前7時45分ごろ、みなべ町南道、渡邉健一さん(68)方から出火、木造平屋建て120平方㍍を全焼した。現場は民家密集地だったが、出火当時無風だったことと迅速な消火活動で類焼は免れた。渡邉さんは外出中でけがはなかった…
  • 御坊の女性が社債購入詐欺で2000万円被害

     御坊市で31日、60代の女性が社債の購入名目(投資)で現金約2000万円をだまし取られ、御坊署が特殊詐欺事件として捜査している。  調べによると、2月下旬ごろ、市内で一人暮らしの女性宅に「株式会社プラスティ」の社員を名…
  • 御坊の民家全焼 遺体は住人の男性

     14日夕方、御坊市塩屋町南塩屋で発生した民家火災で御坊署は16日、焼け跡から発見された遺体は、この家に住む無職福原益藏さん(90)と断定したと発表した。DNA鑑定で判明した。司法解剖の結果、死因は病死であることも確認し…
  • 御坊で民家全焼 焼け跡から遺体

     強風注意報発令下の14日夕方、御坊市塩屋町南塩屋862、無職福原益藏さん(90)方から出火。市消防隊が出動し、約40分後に鎮圧したが、木造平屋建て約90平方㍍を全焼し、その後、焼け跡から男性1人の遺体が発見された。御坊…
  • 龍神の死体遺棄 被害者の長女夫婦を逮捕

     ことし1月、田辺市龍神村柳瀬の山中で大工の場谷忠善さん(50)=同市龍神村安井=の死体が見つかった事件で、県警捜査一課は27日に場谷さんの長女で上富田町朝来、無職柴田幸江(ゆきえ)容疑者(23)と夫のパート職員大幸(と…
  • 御坊署 偽ブランド品販売容疑女を逮捕

     高級ブランドの偽物をオークションサイトで販売したとして、御坊署等は15日、御坊市薗の自称無職の女(49)を商標法違反の疑いで逮捕した。容疑を否認しているという。  調べによると、容疑者は商標の使用に権利がないにも関わら…
  • 紀州鉄道が脱線

     御坊市内を走る紀州鉄道が22日午前11時ごろ、湯川町小松原地内の御坊―学門駅間で脱線。乗客、乗員にけがはなかったが23日正午現在、復旧のめどは立っていない。  現場は、湯川町小松原の北裏病院西にある湯川第2踏切から南約…

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る