カテゴリー:印南町

  • ソフトテニスゴーセン杯 中野選手が健闘の3位

     第47回ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップ2018(日本ソフトテニス連盟など主催)が、6月21日から北海道札幌市円山庭球場で開かれ、男子シングルスで香川県の尽誠学園3年、中野聖也選手=印南町出身=が3位に入った。…
  • 印南でよい歯のフェスティバル

     4日から始まった「歯と口の健康週間」に合わせ、印南町公民館で9日、第21回よい歯のフェスティバルが開かれた。8020運動達成者や家族でよい歯の優秀親子、歯と口の健康週間ポスターの入賞者らの表彰が行われた。  日高歯科医…
  • 印南の東光寺で丸田大雅氏没40年供養

     印南音頭や印南哀史小唄を作詞作曲した印南町出身の音楽家、丸田大雅氏(1897~1978年)の没後40年供養が9日、印南の東光寺で行われた。  15日の命日を前に町文化協会の印南音頭伝承の会(坂下緋美会長)が主催し、メン…
  • 印南の「かきまでご飯の素」が大人気

     印南町で郷土食の普及に取り組んでいる「いなみの料理広め隊」(小田美津子代表)が開発し、売り出した「かきまでご飯の素」が品切れ状態の大好評となっている。5月3日の発売から1カ月足らずで、当初の2合用約500袋が売り切れ、…
  • 全国小学生柔道県予選 久保井君が50㌔級優勝

     公益財団法人県柔道連盟主催の第15回全国小学生学年別柔道大会県予選は19日、岩出市立市民総合体育館であり、6年男子50㌔級で久保井塾の久保井亜門選手(11)=印南町西ノ地、切目小6年=が見事優勝。8月26日に山口県・周…
  • 印南の西山農園で12日から母の日企画

     印南町宮ノ前の西山農園(西山和克代表)は母の日(13日)に合わせ、カーネーション畑=写真=を開放する。12日から20日の9日間、いずれも午前9時から午後3時まで。  場所は切目川に架かる上角橋近くのビニールハウス。のぼ…
  • 印南SAで「かきまでご飯」をPR

     印南町で郷土食の普及に取り組んでいる女性たちの「いなみの料理広め隊」(小田美津子代表)は3日、阪和自動車道上り線の印南サービスエリアで、郷土料理のレトルト「かきまでご飯の素」の試食販売を行った。  県事業「わがまち元気…
  • 印南町文化協会が漁民の歴史の書籍発刊

     印南町文化協会は、江戸時代にかつお節の製造、伝授に偉業を残した印南漁民の歴史研究で、その足跡地の訪問記をまとめた書籍「かつお節発祥の地 印南浦浪漫を追う~江戸時代・印南漁民顕彰碑建立に寄せて~」を発行した。  印南漁民…
  • 印南の味 「かきまでご飯の素」が完成

     印南町で郷土食の普及に取り組んでいる「いなみの料理広め隊」(小田美津子代表)の「かきまでご飯の素」が完成した。印南の〝お母さん〟たちが、焼きサバの身とだしを使って作った伝統の振る舞い飯の味を、そのまま詰め込んだレトルト…
  • 世耕経産大臣 印南町で国政報告会

     世耕弘成経済産業大臣(ロシア経済分野協力担当大臣)は22日、印南町商工会館で国政報告会を開いた。国会をにぎわせている〝モリカケ問題〟(森友・加計学園)について、安倍晋三総理に問題がないことを強調。経済産業大臣として各国…

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

戦争体験

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る