カテゴリー:印南町

  • 印南町 民間宅地開発促進へ高台農地に水道管敷設

     印南町は災害に強い高台の宅地化を見据えた未来投資事業を進めていく。将来的に住宅地に転用できる高台の農地などに町がライフラインとなる水道管を敷設することで、民間事業者による宅地開発の呼び水にする事業。今年度は印南と西ノ地…
  • 印南町で災害対応ドローン実験

     「防災の日」の1日、NPO法人次世代エネルギー研究所と印南町が高串の切目川ダムなどで災害対応のドローン(小型無人機)実証実験を行った。災害で孤立した地域を想定し、情報伝達手段となる衛星携帯電話や心肺蘇生のAED(自動体…
  • 印南まちづくり基金 助成上限額3倍に

     公益財団法人わかやま地元力応援基金は「印南まちづくり基金」の今年度助成内容を見直し、9月1日から30日まで、事業申請を受け付ける。  印南町内に拠点があるNPOや市民公益活動団体などが行う事業に助成金を交付す…
  • 印南、みなべで伝統の地蔵盆

     印南町印南原の高野山真言宗瀧法寺(西山宝性住職)、印南の浄土宗印定寺(叢信哲住職)、みなべ町晩稲の西山浄土宗光明寺(和田教学住職)で24日、それぞれ地蔵盆が行われた。ご詠歌や数珠繰り、奉納相撲などがあり、子どもたちの健…
  • 印南町が地域防災計画見直し

     全国的に豪雨、地震災害、台風に伴う長期停電などが多発していることを受け、印南町は5年ぶりに地域防災計画を見直した。今回は「情報が命を救う」をテーマに、ドローンなどICTを活用した情報の収集や住民への伝達強化のほか、広域…
  • 印南の弘龍庵で水子供養会

     印南町島田、宗教法人弘龍庵で20日、水子供養会が開かれ、多くの人が参列した。  水子地蔵の前でお勤めがあり、参列者が焼香。グラウンドでは焼き供養が行われ、中央に設置された大きなかまに卒塔婆(経文が書かれた木片…
  • JR印南駅でコンサート

     印南町印南、JR印南駅構内で18日、ゆうぐれエレクトーン・コンサートが開かれ、周辺にきれいな演奏が鳴り響いた。  町がJRから払い下げを受けた駅舎を有効活用し、地域活性化につなげようと3回目。今回はjet全日…
  • 印南の川又観音 危険な太鼓端を架け替え

     厄除けの観音として知られる印南町川又地内の川又観音で、参道の3カ所の橋が25年ぶりに架け替えられた。これまでは風情ある木造の太鼓橋だったが、足を滑らせるなどの危険もあったため、老朽化を機にほぼ水平の歩きやすい橋に変更。…
  • 更衣室にカメラ設置 容疑の小学校教諭逮捕

     勤務する小学校の女子更衣室に盗撮目的で置き時計型のカメラを設置したとして、御坊署は12日、御坊市に住む教諭の男を県迷惑防止条例違反(卑わいな行為の禁止)の疑いで逮捕した。教諭は「カメラは時計として置いただけで、盗撮する…
  • MARINE-Q グランピングBBQ

     ぜいたくにアウトドアが楽しめるマリンQで、グランピングBBQはいかがでしょう。  スタンダードプラン(2800円)は、BBQセット一式、骨付きカルビ、ハラミ、チキン、トントロ、ウィンナーのセット。こちらのセットに…

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る