カテゴリー:印南町

  • 切目川ダム本体工事5月から掘削

     県が印南町高串地内で進めている切目川ダム建設は、 本体工事に向けた川の流れの切り替え作業が完了し、 5月から現場の掘削に取り掛かる。 政権交代による脱ダムの動きで一時ストップし、 完成の遅れが心配されていたが、 本年度…
  • 印南町長の所信表明引用問題で議会特別委

     印南町議会3月定例会での日裏勝己町長の所信表明引用について調査する第2回事実関係調査特別委員会 (廣野英幸委員長)が19日に議場で開かれ、 日裏町長は 「所信表明は政策担当以外の職員に書いてもらった。 引用しているのは…
  • 印南SAの売り上げが好調

     高速道路印南サービスエリア(SA)を運営する日高観光物産センター㈱は、平成23年度の売り上げをまとめた。上り(大阪方面)施設は1億7489万4686円で、前年度を0・25%上回るとともに4年連続で目標額を達成。22年4…
  • 女子プロゴルフ 坂口さんがツアー復帰へ意欲

     印南町美里出身の女子プロゴルファー坂口由佳さん(35)が31日、約1年ぶりに帰省し、今シーズンにかける熱い思いを語った。5年ぶりのツアー復帰を目指した昨年のQT(予選ラウンド)は2回戦でまさかの敗退。これまでにない悔し…
  • 印南SAのみそトマトラーメンが話題

     高速道路印南SA(サービスエリア)の観光物産センター内レストランを経営するかどや(印南町島田・湯川建一社長)が、印南の特産ミニトマト「優糖星」を使った限定メニュー「トマト味噌ラーメン」(630円)を開発。濃厚なみそにト…
  • 印南の日裏町長 所信表明引用で謝罪

     印南町の日裏勝己町長は、15日に再開した議会議案審議の冒頭で所信表明の引用について謝罪した。  日裏町長は千葉県東庄町(とうのしょうまち)の岩田利雄町長の所信表明を引用したことを説明し、「議員、町民の皆様に多大なご迷惑…
  • 印南の日裏町長 所信表明で他町首長の内容引用

     印南町議会の一般質問が13日に行われ、 井上孝夫議員が日裏勝己町長の所信表明が他町の所信表明と酷似していると指摘。 日裏町長は、 閉会後に引用を認めたが、議員からは「引用の域を超えており、 町を思う人とは考えられない。…
  • 町長給与削減など2議案否決

     印南町議会は14日に議案審議を行い、 最初に提出された 「分課設置条例の改正」、 続いて提出された 「町長の給与を10%削減する特例制定」 をいずれも議長含め6対5で否決。町長選のしこりを思わせる反対、 賛成の顔ぶれと…
  • 印南の日裏町長が所信表明

     去る1月の印南町長選で現職を破り2月24日に就任した日裏勝己町長は7日、 初の議会に臨み所信表明を行った。 町内にある既存企業の優遇制度、 一人暮らし高齢者や障害のある人を見守る 「見守りネットワーク」 の設立など、 …
  • 印南のフキノトウ栽培順調

     印南町の農家11人でつくる団体「ワサビの里の農業を育てる会」(辻本忍会長)と㈱石橋(石橋幸四郎代表取締役社長)=印南町印南=が連携して、フキノトウを中心とした山菜の産地化に向けた取り組みを進めている。育てる会が生産し、…

フォトニュース

  1. 人に寄り添う看護師に

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る