カテゴリー:印南町

  • 印南町議選 13陣営の票読み大詰め

     1人超過の印南町議選は、いよいよ最終コーナーに差しかかった。落選票の取り込みや浮動票の掘り起こしに他地区への進出を強めたり、地盤の死守へ何周もしながら結束を呼びかける陣営など、それぞれの活動もラストスパート。各事務所で…
  • 印南町議選 大票田印南地区へ集中攻撃

     「泣くのは1人」でし烈な戦いを展開している印南町議選は、早くも中盤入り。町内一の大票田で、前回の落選票約750票の多くが眠っているとみられている印南地区は、今回も激戦地。地縁、血縁を頼りに多くの候補者が集中攻撃をかけ、…
  • 印南町議選 1人超過の13人が立候補

     任期満了に伴う印南町議選が30日告示され、予想通り現職10人、新人3人の計13人が立候補。8月4日の投開票に向け、選挙戦の火ぶたが切られた。各候補者は選挙事務所での出陣式で力強く第一声を放って有権者の支持を求め、選挙カ…
  • 印南町議選 新人の野村氏出馬へ

     30日告示、8月4日投開票の印南町議選で、体調不良のため出馬が流動的だった現職の廣野英幸氏(60)=印南原・2期=が22日、不出馬を表明。同日、後継として新人で元役場職員の野村正明氏(67)=印南原=が名乗りを上げた。…
  • 切目川漁協がアユを放流

     印南町の切目川漁業協同組合(廣原敏弘組合長)は17日、切目川にアユ約200㌔を放流した。  放流したアユは体長約15㌢の成魚。廣原組合長はじめ組合員らが参加し、古屋から川又などの数カ所で放流。下流から順番に放流ポイント…
  • 印南SA 国体前にリニューアルへ

     日高郡町村会(会長・畑中雅央由良町長)の定例会が10日に振興局で開かれ、高速印南SAを運営する日高観光物産センター㈱の社長を務める小谷芳正みなべ町長から、同SA上り線施設のリニューアルで報告があった。既設の施設は売店と…
  • 印南町議選 無投票から選挙戦へ

     今月30日告示、8月4日投開票の印南町議選で2日、印南の新人で会社員の中島洋さん(51)が出馬を表明した。これによりすでに出馬を表明している現職11人、新人1人と合わせて13人となり、定数12に対し1人オーバー。無投票…
  • 県盲人俳句大会で門脇さんが天賞

     第40回県盲人俳句大会が和歌山市内の県身体障害者総合福祉会館で開かれ、印南町西ノ地の門脇秀和さん(79)が全2部門で第1位の天賞に輝いた。  目が不自由な人やボランティアらが参加。部門は事前に応募する兼題の部と、当日句…
  • 印南町議選 20年ぶり無投票か

     7月30日告示、8月4日投開票の印南町議選で28日、新たな新人の出席が注目されていた立候補予定者説明会が町公民館で開かれたが、出席したのはすでに出馬を表明している現職11陣営と新人1陣営の合計12陣営のみ。依然として擁…
  • 印南町のメガソーラー7月着工

     印南町本郷地内の町有地「外ケ濱埋め立て地」と美里地内の県畜産試験場跡地で進められているメガソーラー計画「龍谷ソーラーパーク」は、7月1日からパネル設置工事がスタートする。印南町と龍谷大学、民間企業など5団体が連携して取…

フォトニュース

  1. 皆さんの声をお寄せください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る