カテゴリー:印南町

  • 9人制バレーチャンプリーグ ブルーベルズの久堀さんがセッターで出場へ

     9人制バレーの日本一を決める「V9チャンプリーグ」が13日から広島県で開幕する。6連覇を狙う実業団の強豪パナソニックブルーベルズに、印南町西ノ地出身の久堀志穂さん(41)が現役選手としてメンバー入り。ライフアドバイザー…
  • 印南のおたきさんでいなたきまつり

     「おたきさん」の愛称で知られる印南町印南原の瀧法寺で8日、「いなたきまつり」が行われた。  巫女の中田愛子さん(稲原中学校2年)と夏見望愛さん(同)が、寺務所で護摩木を買った人に「神楽鈴」を振って厄除け。護摩供養…
  • 印南の新切目橋歩道橋が完成

     印南町の西ノ地と島田地区に架かる新切目橋歩道橋が完成。6日、現地で渡り初め式が行われ、テープカットやくす玉割りで完成を祝った。  場所は切目川をまたぐ国道42号の新切目橋のすぐ上流。同橋には歩道がなく、歩行者の安…
  • 印南の切目中 あいサポート団体に

     印南町の切目中学校(久保井浩平校長)が26日付で障害者を理解し手助けする県の「あいサポート企業・団体」に認定され、28日には認定証が届けられた。  あいサポート運動は「障害を知り、共に生きる」をテーマに2009年…
  • 切目王子ものがたりの動画配信スタート

     印南町教育委員会は23日から、切目王子史跡(西ノ地)を紹介する紙芝居「切目王子ものがたり」をユーチューブ動画にして配信している。  切目王子はかつて熊野詣の途中で儀礼を行った熊野古道九十九王子の中でも特に格式が高…
  • 印南のさんぽ道の会 県の新政策に採択

     県の2020年度新政策「未来を彩る花の郷づくり事業」に県内から5団体が採択され、日高地方からはアジサイ、ヒマワリなどの植樹活動を行っている印南町印南原、稲原さんぽ道の会が選ばれた。同会では県の補助金を受けて来年2月か3…
  • 印南の休耕田でそばの花満開

     印南町美里の下津川地内で、そばのかれんな白い花が満開となり、秋空の下でさわやかな風に揺れている。  地元の田中統(はじむ)さん(67)が面積約10㌃の休耕田を活用して栽培し5年目。地域活性化へそばを地元の名物…
  • Go To効果? 印南SAの売上回復基調

     全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きつつあるなか、高速道路の印南サービスエリアを運営する日高観光物産センターの施設売上状況も徐々に回復している。  上り(大阪方面)は今年4、5月が前年比30%台まで…
  • 印南の竹平さん建設マスターに

     優秀な技能・技術を持ち、後進の指導・育成に多大な貢献をしている優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)が決まり、県内は11人、日高地方からは印南町印南原、株式会社竹平建設の主任技術者竹平一彦さん(65)が選ばれた。国…
  • 古田さんがふるさと納税型CFでまちづくり

     印南町印南、不動産鑑定士の古田高士さん(39)が代表取締役を務める不動産業・株式会社和み(和歌山市)が、県内初の「ふるさと納税型クラウドファンディング事業」として、空き家を活用したまちづくりプロジェクトを進めている。地…

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る