カテゴリー:印南町

  • 印南と由良の小中学校で始業式

     日高地方では7日から印南町と由良町の小中学校で3学期がスタートし、コロナ対策のマスクを着用した児童生徒が元気に登校した。  印南町の印南小学校では感染リスクを避けるために校内放送で始業式を実施。校歌の斉唱は放…
  • はやぶさ2のサンプル分析 印南出身の松本氏も機器開発で貢献

     今月6日に帰還した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が回収したカプセルの分析作業が順調に進み、24日には小石を含む多数のサンプルが確認されるなど、生命の起源を探る研究に大きな注目が集まる。日高地方で…
  • ぼうさい甲子園 印南中が大賞

     学校や地域が取り組む優れた防災教育を顕彰する2020年度「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)の受賞校・団体が決まり、県内からは印南町、印南中学校(野田明校長)が中学生部門で最高賞のぼうさい大賞に選ばれた。同校ではこ…
  • 高校Sテニス 信愛の樫尾選手がジャパンカップ本大会へ

     高校ソフトテニスの最高峰といわれる第50回ゴーセン杯争奪戦ハイスクールジャパンカップ(HSJC)の県予選が19日、県立橋本体育館で開かれ、女子で和歌山信愛の樫尾陽和里(ひより)選手(2年)=印南中出身=が2年連続優勝。…
  • 援護事業功労 前山さんに大臣表彰

     長年の戦傷病者や戦没者遺族支援の功績をたたえる援護事業功労者厚生労働大臣表彰の受賞者が発表され、今年度は県内から4人が受賞。日高地方からは唯一、戦没者遺族援護功労として日高郡遺族連合会副会長を務める印南町島田の前山…
  • 印南の今井さんに日本食品衛生協理事長表彰

     日本食品衛生協会の2020年度理事長表彰の受賞者が決まり、食品衛生功労者として日高地方から唯一、印南町印南、今又旅館経営の今井律子さん(60)が選ばれた。母から引き継いだ旅館経営は30年近くになり、この傍ら、日高食品衛…
  • 印南4Hクラブがユーチューブ配信

     印南町4Hクラブが自分たちの農業を広く知ってもらおうと、動画配信サイト「YouTube(ユーチューブ)」にチャンネルを開設した。  同クラブは20代後半から30代前半の若手農業者で組織。「町内でおいしい農作物やき…
  • 印南の突風農作物被害 町が支援策検討

     印南町は20日に印南と山口地内で発生した竜巻とみられる突風による農作物被害について、復旧支援を検討している。  この突風でミニトマトやスターチスなどを栽培するビニールハウス62棟が被害に遭い、うち19棟が全壊。被…
  • 竜巻か 印南でビニールハウス19棟全壊

     印南町印南と山口地内で20日午前10時ごろ、竜巻とみられる突風が発生した。県の発表によると、特産のミニトマトやスターチスを栽培するビニールハウス62棟が被害に遭い、うち19棟が全壊。20日現在、被害総額は4334万20…
  • 印南の清流小で金銭教育研究発表会

     印南町教育委員会と県金融広報委員会主催の金銭教育研究発表会が11日、同町の清流小学校で開かれた。  同校は町教委から「特色ある学校づくり実践研究事業」、県金融広報委員会から金銭教育の指定を受けており、今回はそ…

フォトニュース

  1. いまが見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る