カテゴリー:印南町

  • 印南町議選 2人目の新人が名乗り

     8月3日告示、8日投開票の印南町議会議員選挙(定数12)で21日、新人の谷章資氏(68)=印南原=が出馬を表明した。  町議選に向けては去る17日、現職の夏見公久氏(71)の後継として新人の黒井美晴(みはる)氏(…
  • 坂下さんが半生つづる2冊を自費出版

    写真=2冊の本を手に坂下さん  印南町印南、「緋美きもの和装道場」主宰で、町文化協会会長など多方面で活躍する坂下緋美さん(79)が、自身のヨガ体験記「喜楽に親しみ40余年 ヨガに生かされて」と随想集「随想と背景」の…
  • 印南の山口さん 小学校に手作りマスク寄贈

     子どもたちに喜んでもらおうと、印南町島田の山口澤子さん(83)が24日、今年4月の切目小学校に続き、印南小学校に全校児童分のマスク146枚を寄贈した。  昨年12月、地元のクリニックで出会った女性から「うちの…
  • 印南出身 西川さんの共著「うんちの行方」好調

    写真=発行された「うんちの行方」  印南町古井出身で元文藝春秋副社長の西川清史さん(69)=東京都三鷹市在住=と友人との共著で出版された「うんちの行方」(新潮新書)が好調な売れ行きとなっている。トイレで流した大便は…
  • 田辺の外国人殺人事件 JR切目駅も一時騒然

    写真=多くの捜査車両で騒然となる切目駅前  12日昼、田辺市下万呂のアパートの一室で、ベトナム国籍の男性が刺殺される事件があり、田辺署は近くにいた同じベトナム人の男を殺人の疑いで逮捕した。複数人が現場から立ち去って…
  • 切目川ダム等 県が事前放流の運用開始

    写真=洪水被害の軽減へ事前放流(写真は切目川ダム)  県は11日、洪水被害を軽減させるため、切目川ダム(印南町)、島ノ瀬ダム(みなべ町)、広川ダム(広川町)の事前放流を今出水期から運用すると発表した。  事前…
  • 石橋がスマホ給油システムを導入

    写真=スマホで予約してスムーズに給油へ  新型コロナウイルス感染予防対策の一環として印南町印南、株式会社石橋(石橋幸四郎代表取締役)は11日から、和歌山市内などのセルフ式ガソリンスタンド4店舗でスマートフォンを使っ…
  • 印南町のナカヱ 物流センター増設へ

    写真=新しいオフィス兼物流センターのイメージ画像  清涼飲料水などのインターネット販売で業績を伸ばしている印南町印南、株式会社ナカヱ(中江稔浩代表取締役)が、宮ノ前にオフィス兼物流センターを増設することになり、県と…
  • 漁師小屋を飲食店や産直市場にリノベーション

    写真=漁師小屋(写真奥)の前で花を植える園児  印南町の若者有志が今年度から、印南漁港を観光・交流拠点にする住民参加型のまちづくりプロジェクトをスタートさせた。漁港内の漁師小屋をリノベーションして飲食店や産直市場、…
  • 印南の切目川で小学生が稚アユ放流

    写真=バケツに入った稚アユを放す児童  印南町の切目川漁業協同組合(廣原敏弘代表理事組合長)は14日、切目川に稚アユ3万4200匹(200㌔)を放流した。  6月15日に解禁するアユ漁に備えて、河川の18カ所…

フォトニュース

  1. 気軽にご利用、ご来場ください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る