カテゴリー:日高町

  • 日高町の産湯海水浴場 7月11日海開き

     新型コロナウイルスの影響で海開きをしない海水浴場が相次ぐ中、日高町の産湯海水浴場は7月11日から開設することが決まった。期間は8月23日までの44日間。運営する日高町地域振興株式会社の役員会が19日開かれ、感染防止とし…
  • 日高町の松本町長 コロナ対応で月給3カ月半減提案へ

     日高町議会6月定例会は16日開会し、松本秀司町長は町長、副町長、教育長の給料を減額する給与条例の一部改正を提案する。  新型コロナウイルス感染症対策の経費に充てる目的で、7月から9月までの3カ月間、町長は50…
  • 湯浅署 内原駅で少年保護の電設会社に感謝状

     日高町萩原のJR紀伊内原駅で、捜索中の未帰宅男児を見つけたとして、湯浅署は12日、JR西日本の電気設備管理等を手がける和歌山市中之島、西日本電気システム株式会社和歌山支店(森泰夫支店長)に感謝状を贈った。作業員たちは寒…
  • 日高町のふるさと納税 件数が急増

     日高町のふるさと納税件数が4月の1カ月間で499件(544万3000円)となり、昨年度1年間の52件(224万円)の約10倍となったことが町のまとめで分かった。金額でみても4月だけで昨年度1年間の約2・5倍。インターネ…
  • 日高町が町内全戸にマスク配布

     日高町は8日から、新型コロナウイルス対策として、町内全戸(約3000戸)に不織布マスクの無料配布を始めた。各地区を通じ、1戸当たり50枚入り1パックが届けられる。  高家区では同日、松本秀司町長らが高家集会所…
  • 和高専楠部准教授の藻場再生実験進む

     和歌山高専生物応用化学科の楠部真崇准教授(42)が漁場回復に向けた藻場の復活へ、日高町の方杭漁港で行っているアマモの定植実験は、12月にまいた種が10㌢程度の海草に成長。このまま成長し、種を付ければ成功となり、エコで低…
  • 日高町の金﨑さん 黒竹林再生に手ごたえ

     シカなど野生動物による食害で生産量が減少している日高町原谷の黒竹を復活させようと、地元で100年以上続く竹材店のオーナー金﨑昭仁さん(61)と弘昭さん(32)の親子が昨年夏に植えた苗から、若芽が出始めた。順調に育ってお…
  • 日高町商工会 コロナで町に救済要望

     日高町商工会(山田理司会長)は21日、新型コロナウイルス感染症拡大による影響に対し、松本秀司町長に救済措置の検討を求める要望書を提出。松本町長は小規模事業者経営改善資金(新型コロナウイルス対策マル経融資)を受けた事業所…
  • 日高町のみちしおの湯 18日から休館

     日高町方杭の温泉館「海の里 みちしおの湯」が18日から5月6日まで、新型コロナウイルス感染防止対策として臨時休館する。  安全性を優先した措置で、町担当課は「予防対策を万全とするため、総合的に判断した。町民や…
  • コロナで苦境の飲食店 テイクアウトに活路

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日高地方の飲食店でもテイクアウトが広がりをみせている。外出自粛で売り上げが減少する中、生き残りをかけた対策。店内での飲食を休業し、テイクアウトだけに切り替える店もみられる。店主らは「…

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る