カテゴリー:日高町

  • 日高町で語り継ぐ戦争展

     終戦の日の15日、日高町中央公民館で戦争に関する遺品や資料を集めた「語り継ぐ戦争と平和資料展」が開かれた。今年はコロナ禍で一日だけの開催となったが、子ども連れの家族や30代、40代の比較的若い世代も多く、約150人が来…
  • 日高町産湯の海 行楽客でにぎわう

     盆休みに入り、日高地方の海や川ではアウトドアで休暇を楽しむ家族連れらの姿がみられる。  日高町の産湯海水浴場はコロナの影響で今年は開設されていないが、近くの浜辺には多くの海水浴を楽しむ人。14日朝には約100…
  • 日高町のみちしおの湯 9月から300円割り引き

     日高町は9月1日から来年3月31日まで、方杭の温泉館「海の里みちしおの湯」の入館料を300円割り引きする。  町は第2次新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、みちしおの湯の利用促進事業として…
  • 日高町のライスセンター 機器を更新

     JA紀州(芝光洋組合長)は、生もみを計量、乾燥、もみすり、袋詰め、出荷ができる新ライスセンター(日高町高家)の機器を更新、新調し、3日から供用を開始した。  新ライスセンターは1997年、国の補助金を受け完成…
  • 日高町が国の交付金を不正受給

     日高町は31日、町道改良事業に関して、国からの交付金約7300万円を不正に受給していたと発表した。橋架け替え等の工事が進んでいないにもかかわらず、担当職員が予定通り完了したとして、工事請負契約書等を偽造。その書類を県に…
  • 日高町でサル追い払い花火の講習会

     日高町は29日、若者広場で鳥獣追い払い用花火の講習会を開き、町内の農家9人が使用方法を学んだ。  サルによる稲などの食害被害が近年多発していることを受け、日高町では昨年、講習会を初めて開催。講師は有田川町で追…
  • 特攻兵の空中勤務必携 元搭乗員の花道さんがコピー所有

     日高町平和を願う9条の会(田中薫代表世話人)は終戦の日の8月15日、中央公民館で「語り継ぐ戦争と平和資料展」を開催する。現在、戦争に関する遺品や資料の調査を進めており、萩原に住む元陸軍特攻隊員の花道柳太郎(りゅうたろう…
  • 熊野古道楽歩会が九州被災地を支援

     今月3日以降の九州豪雨被害被災地へ、熊野古道楽歩会の会員らは9日、支援物資を集めて送った。第2便、第3便と送るべく、一般にも広く協力を呼びかけている。  「令和2年7月豪雨」と名づけられた今回の一連の豪雨では…
  • 日高町のサンフルひだか 9日から15周年セール

     日高町小中、日高中学校の東側にある社会福祉法人太陽福祉会の就労支援事業所「パン工房 サンフルひだか」は9日から11日まで、開店15周年記念セールを行う。日ごろの感謝を込めて、全商品を15%割引で販売。今年は新たに商品化…
  • 日高町の産湯海水浴場 今夏はオープンせず

     日高町の産湯海水浴場を管理する町は29日、「7月11日に海開きする方針で進めていたが、今シーズンは開設しないことに決めた」と発表した。  今月19日に開かれた海水浴場の運営団体、日高町地域振興株式会社の役員会…

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る