カテゴリー:日高町

  • 印南町など台風19号の義援金箱を設置

     台風19号に伴う東日本の被害を受け、日高地方の各市町でも被災地支援の動きが出ている。  印南町は16日から役場と公民館、社会福祉協議会の3カ所に義援金箱を設置。募集期間は12月30日まで。集まった義援金は全額…
  • 日高町の80代男性 スズメバチに襲われる

     日高町志賀のやぶで15日昼、80代の男性がスズメバチに刺され、和歌山市内の病院に運ばれた。  現場は谷口住民公園近くで、午前11時42分ごろ、「男性が倒れていて周りにハチの大群が飛んでいる」と通報があり、日高…
  • 日高町でクエ供養

     日高町旅館民宿組合(濱一己組合長)のクエ供養が26日、西山山頂ピクニック緑地のクエ供養碑前で行われ、組合員ら12人がクエの恩恵に感謝の気持ちを捧げた。  濱組合長は「紀州・日高はクエの町として全国的に有名にな…
  • 日高町のさばコロッケ 全国フェスで特別賞

     ご当地コロッケの食べ比べイベント「第7回全国コロッケフェスティバル」が22日、茨城県龍ケ崎市で開かれ、日高町観光推進戦略プロジェクト協議会(会長=松本秀司町長)が出品したさばコロッケが特別賞の龍ケ崎市長賞を獲得した。 …
  • 日高町のサバコロッケ 茨城のフェスに参戦

     日高町観光推進戦略プロジェクト協議会(会長=松本秀司町長)は、町内で水揚げされたサバを使ったコロッケを商品化。22日に茨城県龍ケ崎市で開催されるコロッケフェスティバルにサバコロッケで初参戦する。同協議会は2018年に開…
  • 三浦日高振興局長 新百歳の金谷さんら訪問

     日高振興局の三浦源吾局長らは13日、今年度に百歳を迎える同振興局健康福祉部管内(みなべ町を除く日高地方6市町)のお年寄り宅を訪ね、内閣総理大臣と県知事の祝状を伝達した。管内(の対象は18人(男性1人、女性17人)で、1…
  • 名古屋で日高の味をPR

     名古屋市中区丸の内の久屋大通公園で7、8の両日、全国の郷土料理や特産品が集まる「ふるさと全国県人会まつり2019」が開かれ、日高地方から出店した日高町の新たな特産品「サバコロッケ」が人気を集めた。  サバコロ…
  • 産湯海水浴場 今夏の人出は14%減

     日高町の産湯海水浴場に訪れた今シーズンの海水浴客数は1万8900人で、前年の2万2000人より14%減少したことが3日、町のまとめで分かった。期間は海の家と駐車場を営業した7月6日から8月25日までの51日間。担当の産…
  • 産湯海水浴場で納涼夏祭り

     日高町商工会青年部(金﨑守哉部長)主催、第3回納涼夏祭りが25日、産湯海水浴場の駐車場で開かれ、家族連れら約1000人がステージイベントなどを楽しんだ。  恒例の浴衣コンテストには子どもら35人が出場し、特設…
  • 日高町鳥獣害対策協 花火でサル撃退へ

     日高町鳥獣被害対策協議会(会長=松本秀司町長)は19日、役場で緊急会議を開き、被害が大きいサルへの対策を協議した。稲作の収穫が目前となり、稲刈りが終了する9月末ごろまで猟友会に見回りを協力依頼するほか、鳥獣を追い払う花…

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る