カテゴリー:日高町

  • 古田医師に文部科学大臣賞

     本年度の学校保健及び学校安全表彰(文部科学大臣表彰)に、日高町荊木、古田医院前院長の古田浩太郎医師(72)が決まった。県内で2人。表彰式並びに受賞伝達式は11月7日に秋田市で開かれる第63回全国学校保健研究大会の席上で…
  • 日高町のクエフェア大盛況

     日高町九絵の町づくり推進実行委員会(石家良昭委員長)主催のクエ・フェアが12日、阿尾漁港内の比井崎漁協市場で開催され、絶好の秋晴れの下、県内や京阪神方面から観光客がドッと押し寄せ、大盛況となった。  午前11時半の開会…
  • 危険業務従事者叙勲 日高地方は2氏

     警察官や消防士、自衛官など著しく危険性の高い業務に精励した人を対象とする第21回危険業務従事者叙勲(11月3日付発令)の受章者が決まり、県関係は41人が受章する。日高地方は警察功労で元警部の田坂行曠さん(71)=日高町…
  • 日高町の奇祭クエ祭 今秋から形態変更

     日高町阿尾、白鬚神社(若田正孝宮司)の秋の祭礼クエ祭で、一番の見せ場の「クエ押し」が今秋から廃止される。少子高齢化が急激に進む中、参加者の負担軽減を図って祭礼をできる形で継続していこうと実施主体となる地元区で協議した結…
  • 中体連 信愛女子全国3位

     第44回全国中学校ソフトテニス大会(日本中学校体育連盟等主催)が19日から21日までの3日間、愛知県の一宮市民会館で開かれ、女子団体で中野芹香さん(3年・印南小出身)、戸根鈴華さん(2年・内原小出身)、内田幸音さん(2…
  • 日高町でゆかたフェス

     日高町中央公民館前の駐車場で18日、町商工会青年部(西義朗部長)主催の「ひだかニッコリゆかたフェスタ」が開催される。地域の青少年健全育成バックアップと住民の交流を合言葉に恒例のイベントだが、今回は新たに特産物のPRにも…
  • 25,26日大雨 小中で住宅床下浸水

     梅雨前線の活発化に伴い、25日夜から26日午後にかけて降った西日本の大雨は、県内で人的被害はなかったが、JRなど交通機関に影響が出たほか、日高町では住宅1世帯が床下浸水した。  県などのまとめによると、JR紀勢本線は、…
  • 日高町の反原発運動を映画化

     日高町と徳島県阿南市であった、原発立地反対運動などをテーマにしたドキュメンタリー映画「しろうお~原発立地を断念させた町はいま~」がクランクアップ。製作・脚本を務める環境問題ジャーナリストの矢間(やざま)秀次郎さん(73…
  • 看護師さんへのメッセージ 井阪さんが最優秀賞

     御坊保健所が募集していた「看護師さんへのありがとうメッセージ」の入賞者が決まり、最優秀賞に日高町志賀の井阪照子さん(79)の作品が選ばれた。井阪さんは昨年、骨折等で3カ月に及ぶ入院生活中、患者目線で励ましてくれた主任看…
  • 日高町でもスキューバダイビング

     日高町方杭、町営温泉館「海の里 みちしおの湯」内に今夏、スキューバダイビング事業を展開する「日高ダイビングセンター」(仮称)がオープンする見通しとなった。和歌山市の専門業者が施設1階研修室を借りて経営。今月中にはほぼ必…

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る