カテゴリー:日高町

  • 日高町で大型乗合船「第十二岬丸」進水

     日高町比井、岬旅館(冨田紀章代表)が最新鋭の大型乗合船「第十二岬丸」を建造し、3日に地元漁港で進水式を行った。  排出量15㌧、全長20㍍、全幅4・85㍍で、乗客数は26人。魚群探知機などは関西初の最高設備を備えており…
  • 日高町で徳本上人200回忌行事

     浄土宗和歌山教区日高組寺院57カ寺でつくる日高念仏大法会奉修委員会(増田秀穗委員長)と徳本さんで日高おこし隊実行委員会(金﨑昭仁会長)の徳本上人200回忌行事が1日に日高町志賀の誕生院や中央公民館などで行われ、多くの檀…
  • 日高町バイオマスタウン構想 肥料工場建設へ

     日高町の松本秀司町長は、26日に再開した議会一般質問の中で、同町バイオマスタウン構想のメインとなる原谷地区下水汚泥処理肥料工場の建設について「民間事業者が早ければ来年度中に施設を建設し、稼働する」との計画を明らかにした…
  • 日高町 志賀保増築関連予算を提案へ

     日高町は志賀保育所の増築に向け、9月議会(15日開会)に提出する一般会計補正予算案に実施設計委託料439万6000円を盛り込んだ。園児数の増加と将来的な比井保育所との統合を視野に入れた増築で、予算が可決されれば、本年度…
  • 日高町のカフェでフラメンコ

     日高町志賀(柏)、「Coast Cafe楽(がく)」で9日、フラメンコダンスのイベントが行われ、地元の常連客ら23人が訪れた。  カフェは、東京で勤めていたIT関連会社を退職したのを機にUターンしてきた湯川克巳さんが、…
  • 県産品魅力再発見事業 日高地方は2業者

     百貨店を経営する㈱三越伊勢丹のバイヤーとコラボレーションして県産品のブラッシュアップを図る、県のわかやま産品魅力再発見事業の参画事業者が、決まった。県内で多数応募があった中から審査を行い、14事業者を選定。日高地方から…
  • 山吹さんがロシアへバレエ留学

     御坊市薗、シュウバレエスタジオ(小前大介代表)の山吹薫乃(ゆきの)さん(日高中1年)は8月1日から10日まで、バレエの本場のロシア国立ボリショイバレエアカデミーに留学する。  山吹さんはバレエを始めて8年。今春、ニュー…
  • 県小学生ミニバスケ 日高男子が初優勝

     小学生バスケットボールの第18回県夏季ミニバスケットボール大会・GES杯が湯浅スポーツセンターで開かれ、男子の部で日高が初優勝を飾った。持ち前のスピードと高さを生かし、決勝は延長戦に持ち込んでの逆転勝利。8月11日から…
  • 美浜、日高の両町長らクヌッセン機関長の故郷訪問

     海の勇者として知られるヨハネス・クヌッセン機関長の殉難60周年に際し、美浜、日高両町と県は機関長の祖国デンマークを訪問した。2日出発、8日帰国の日程で、下宏副知事、森下誠史美浜町長、松本秀司日高町長ら10人が参加。森下…
  • 中国地区大学野球新人戦 日高町出身・徳山大の楠岡投手が敢闘賞

     先月、岡山県営野球場などで開催された中国地区大学野球連盟の第31回中国地区大学野球新人戦で、日高町原谷出身、徳山大(山口県)2年の楠岡利之投手(19)が最高殊勲選手賞に次ぐ敢闘賞を受賞した。楠岡投手は3試合に登板。2回…

フォトニュース

  1. ありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る