カテゴリー:日高町

  • 日高町で自宅開放型サロンオープンへ

     高齢者の生きがいづくりや健康増進の場にしようと、日高町小池の奥田洲子(くにこ)さん(75)宅で5月8日、民間の自宅開放型サロンとなるカフェ「萩」がオープンする。奥田さんが長年描いていた夢の取り組みで、町内有志の協力を受…
  • 日高町で天路山城学ぶ歴史講座

     日高町歴史講座「湯河氏の城―その歴史と魅力―」が24日、中央公民館で開かれ、120人が参加。同町比井の天路山城(通称比井城)について学んだ。亀山城に次ぐ規模だったこと、城主とされる湯河弘春は湯河一族の中でも重要な位置だ…
  • 中学生の中西君がサッカー審判員3級合格

     日高中学校2年生で、小学生サッカーチームのFCブラストでコーチを務める中西葵郁君が、2月に行われた県サッカー協会の3級審判員に見事合格した。中学生の3級審判員は日高地方初。大人になっても大好きなサッカーに関わり続けたい…
  • 日高町の「原こん」夏にも販売終了

     日高町原谷地区特産のコンニャク「原こん」が、夏にも生産、販売が打ち切られることが分かった。コンニャク用の生イモを100%使用した、弾力ある食感が人気の手作り商品だったが、販売拠点の原谷産品販売所「黒竹の里ぴかいち」が昨…
  • 全国土地改良事業団体連合会が辻村さんを表彰

     全国土地改良事業団体連合会(二階俊博会長)の第60回全国土地改良功労者表彰の受賞者が決まり、職員表彰では県内で唯一、県土地改良事業団体連合会(和歌山市)副参事の辻村博明氏(60)=日高町萩原=が選ばれた。表彰式は3月2…
  • 日高町 消防団員応援の店導入へ

     日高町が新年度から日高地方で初めて、「消防団応援の店」の新制度を導入することが決まった。応援の店として登録した町内の飲食店や小売店が、団員限定で割引や増量、ポイント倍増などのサービスをする取り組み。地域住民の生命と財産…
  • 日高町新町議11氏決まる

    定数11に対して現職10、新人2の計12人が立候補し、1人超過の少数激戦を繰り広げてきた日高町議選は3日に投開票され、新町議11氏が決まった。トップは587票の辻村昌宏氏で2期連続。地元萩原の結束を頼りに、スポーツ関係な…
  • 日高町議選 3日午後9時ごろには大勢判明

     定数11に対して現職10、新人2の計12人が立候補し、1人超過の少数激戦を繰り広げてきた日高町議選は、きょう3日に投開票が行われる。  投票は午前7時から午後6時まで、町内14カ所の投票所で受け付ける。開票作…
  • 日高町議選 3人がトップ争い

     定数11に対して現職10、新人2の計12人が立候補し、1人超過の少数激戦を繰り広げてきた日高町議選の舌戦もあと一日限りとなり、必死のお願いコールが響いている。トップ争いは3人が有力だが、ほかに勢いがある陣営も。下位は現…
  • 日高町議選 現職勢先行、追う2新人

     定数11に対して現職10、新人2の計12人が立候補し、1人超過の少数激戦に突入した日高町議選は、早くも中盤入りし、各陣営ともあの手この手で支持拡大へ奮闘している。今回、前哨戦がほとんどない超短期決戦の中、出遅れの陣営が…

フォトニュース

  1. 全国で金メダルを!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る