カテゴリー:日高町

  • 日高町のふるさと納税 件数が急増

     日高町のふるさと納税件数が4月の1カ月間で499件(544万3000円)となり、昨年度1年間の52件(224万円)の約10倍となったことが町のまとめで分かった。金額でみても4月だけで昨年度1年間の約2・5倍。インターネ…
  • 日高町が町内全戸にマスク配布

     日高町は8日から、新型コロナウイルス対策として、町内全戸(約3000戸)に不織布マスクの無料配布を始めた。各地区を通じ、1戸当たり50枚入り1パックが届けられる。  高家区では同日、松本秀司町長らが高家集会所…
  • 和高専楠部准教授の藻場再生実験進む

     和歌山高専生物応用化学科の楠部真崇准教授(42)が漁場回復に向けた藻場の復活へ、日高町の方杭漁港で行っているアマモの定植実験は、12月にまいた種が10㌢程度の海草に成長。このまま成長し、種を付ければ成功となり、エコで低…
  • 日高町の金﨑さん 黒竹林再生に手ごたえ

     シカなど野生動物による食害で生産量が減少している日高町原谷の黒竹を復活させようと、地元で100年以上続く竹材店のオーナー金﨑昭仁さん(61)と弘昭さん(32)の親子が昨年夏に植えた苗から、若芽が出始めた。順調に育ってお…
  • 日高町商工会 コロナで町に救済要望

     日高町商工会(山田理司会長)は21日、新型コロナウイルス感染症拡大による影響に対し、松本秀司町長に救済措置の検討を求める要望書を提出。松本町長は小規模事業者経営改善資金(新型コロナウイルス対策マル経融資)を受けた事業所…
  • 日高町のみちしおの湯 18日から休館

     日高町方杭の温泉館「海の里 みちしおの湯」が18日から5月6日まで、新型コロナウイルス感染防止対策として臨時休館する。  安全性を優先した措置で、町担当課は「予防対策を万全とするため、総合的に判断した。町民や…
  • コロナで苦境の飲食店 テイクアウトに活路

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日高地方の飲食店でもテイクアウトが広がりをみせている。外出自粛で売り上げが減少する中、生き残りをかけた対策。店内での飲食を休業し、テイクアウトだけに切り替える店もみられる。店主らは「…
  • 日高町の海岸近くの山にクマ出没!?

     日高町小浦でこのほど、クマとみられる動物の目撃情報があった。  地元の人によると、今月1日午後5時ごろ、大阪から帰省していた20歳ぐらいの学生(男性)が小浦崎に釣りに出かける途中、山の斜面に黒いクマらしき動物…
  • 日高広域消防 ドクヘリとの連携を訓練

     事故の傷病者や急病患者の救命率アップに向け、県が運航するドクターヘリと現場の救急隊員の連携を強化しようと6日、日高広域消防で症例検討会と訓練が行われた。  和歌山ろうさい病院救急科部長で集中治療部長・岩﨑安博…
  • 日高町と太陽工業が災害時協定を締結

     日高町と大阪市淀川区の消防用資機材製造・販売の太陽工業㈱(荒木秀文代表取締役社長)が28日、災害時における天幕等資機材の供給に関する協定を結んだ。  太陽工業はテント倉庫などで高いシェアを誇り、簡単に素早く設…

フォトニュース

  1. めちゃめちゃお得ですよ~

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る